異議申立、紛争処理機

後遺障害の有無の判断は誰がするのですか。
まず、自賠責保険会社が行います(実際には、損害保険料率算出機構が認定作業をします)。 自賠責保険によって認められない場合は、その結果に対して不服があるとして、調停機関である紛争処理機構に申立をすることができます。 最終的には、相手方に対して裁判を提起し、その中で、後遺障害について主張し、裁判所に認めてもらうことも可能です。ただし、実際上は、裁判所は自賠責の認定に追従することが多くありますから、まずはきちんと自賠責の認定を受けることが大切です。
異議申立てには費用が必要でしょうか。
実費がかかります。主な項目として、印鑑証明書取付け費用、荷送料があります。
一回目の後遺障害の申請と、異議申立てをするにあたっての認定機関は同じでしょうか。
異議申立をした際の認定機関は、一回目の後遺障害認定を行った上層機関が審査し、認定します。
異議申立てをしました。結果が出るまでの期間はどれくらいでしょうか。
2~3か月の場合が多いですが、傷病によっては、半年以上要することもあります。
異議申立てと紛争処理機構のそれぞれのメリット、デメリットを教えて下さい。
異議申立のメリット  ・適切な判断がなされ、認定が覆る可能性があること  ・何度でも申立ができること 異議申立のデメリット  ・判断結果の回答があるまで数か月の期間を要すること 紛争処理機構のメリット  ・適切な判断がなされ、認定が覆る可能性があること 紛争処理機構のデメリット  ・判断結果の回答があるまで数カ月の期間を要すること  ・一度きりしか申請できないこと
異議申立て及び紛争処理機構の判断に納得がいきません。諦めなければならないでしょうか。
諦めず、訴訟を起こしましょう。 ただし、訴訟提起のメリット・デメリットにも充分注意しましょう。
紛争処理機構の判断に対しては再度、争うことができるのでしょうか。
紛争処理への申請は、一度きりしかできません。紛争処理機構の判断に対して納得がいかない場合は、裁判を起こす方法が考えられます。
異議申立ては何回までできるのでしょうか。
何度でもできます。しかし、損害賠償請求権の時効には注意しましょう。
紛争処理機構とは何ですか。
自賠責保険・共済の保険金又は共済金の支払いで、被害者や保険・共済の加入者と保険会社・共済組合との間で生じた紛争に対して、的確な解決を目指して公平な調停を行う機構です。 もっとも、国が運営しているわけではなく、厳密な意味で「公平」といえるかは、疑問と言わざるを得ません。
異議申立ての結果にも納得できません。これ以上争う方法はないのでしょうか。
紛争処理機構に異議を申し立てることができます。また、裁判で訴える方法もあります。なお、再度異議申立すること自体は禁止されているものではありません。