示談交渉で請求できるものは?

示談金、損害賠償金、慰謝料の図

経済的・精神的被害を和解金として請求

交通事故被害に遭われた場合は、相手や相手側の保険会社に、さまざまな経済的・精神的被害を、示談金として請求できます。交通事故の被害に遭ったら、たとえトラブルになっていなくても、早目に弁護士にご相談ください。ご状況に応じた適切な慰謝料や賠償金額を査定いたします。

示談金を増額したい場合は
弁護士に相談

保険会社から来た示談金の提示が、適切な内容かを診断します。提示内容に同意してしまうと撤回できないので、必ず同意前にご相談ください。

弁護士に相談する
メリット・デメリット

弁護士に依頼する
メリットとは?

1賠償金が上がる可能性が高い

交通事故の損害賠償額の基準には、賠償額が低い順に自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準があります。本来、交通事故被害者に支払われる賠償金はその最も高額な裁判基準を元にしたものになるべきなのですが、保険会社が提示する賠償金の額は、ほとんどのケースで自賠責保険基準を元に計算された一番低い自賠責保険基準か任意保険基準で進めます。
弁護士なら、相手方に対し、裁判基準によって交渉することができます。

弁護士による交渉なら最大基準まで増額!

  • 1

    自賠責
    基準

    自動車損害賠償保障法施行令で定められた慰謝料の金額で、最低限の補償です。
    治療費や休業損害、慰謝料全て含めて120万円しか保障されません。
  • 2

    任意保険
    基準

    本来裁判基準を支払うべき任意保険会社が定めた1より高いけれども3よりはかなり低い基準です。
  • 3

    裁判基準
    【最大基準】

    裁判所が認定するであろう最も適切かつ高額の基準です。通常、1や2よりも高い基準となります。

数百万、数千万円上がることもございます

現状、弁護士が介入すると裁判所が使用する基準が一番高くなることが多いです。

2保険会社とのやりとり、交渉に圧倒的に強くなる

過去の交通事故裁判による確かな実績

交通事故に詳しい弁護士は、過去の交通事故裁判における判例等を把握し分析しています。それを踏まえて加害者側保険会社と示談交渉を行いますので、保険会社とのやりとりや交渉に圧倒的に強くなります。

弁護士に依頼するメリット

  • 保険会社対応のストレスから解放される。
  • 適切な過失割合で交渉してもらえる。
  • その都度、的確なアドバイスをもらえる。
  • 抜け漏れなく最大限受け取れるよう交渉してくれる。
  • 休業補償や逸失利益なども請求できる。

弁護士に依頼する
デメリットとは?

1弁護士費用がかかります

弁護士に相談した場合は相談料、依頼した場合は着手金などの弁護士費用がかかります。この費用をなくしたり、減らしたりするには、

  1. 1. 弁護士費用特約を利用する
  2. 2. 弁護士費用特約を利用できない場合は、依頼するメリット(獲得金額)と弁護士費用を比べて検討する

当事務所の7割のお客様が弁護士費用特約をご利用です。また、初回相談料・着手金も無料ですので、安心してご相談ください。

弁護士費用特約を利用しましょう

ご自身またはご家族の自動車保険に弁護士費用特約が付加されている場合、弁護士費用を最大300万円まで保険でまかなえる可能性があります。

2解決まで時間がかかります

正当な賠償額獲得するために

保険会社の言う通りにすれば、もちろん早く終了します。しかし、弁護士は、正当な賠償額獲得するために手を尽くし動きます。
後遺障害等級の認定のため、担当医に会いに行ったり、カルテを調査したりします。また、保険会社との交渉の時間も惜しみません。交渉が決裂した場合は裁判もします。つまり、正当な賠償金を獲得するには相応の時間がかかります。

弁護士に相談する
タイミング

治療中の弁護士のアドバイスが賠償金を左右します

正当な賠償金を獲得するためには後遺障害認定が必要不可欠です。そのためには、後遺障害診断書の内容が最も大事です。適切な後遺障害診断書を書いてもらうには、治療中のできるだけ早い段階から、専門家によるアドバイスを受けておく必要があります。後遺障害診断書を作成する間際では、必要な検査の受診等が間に合わないことがあるです。
しかし、「後遺障害等級をとってから来て欲しい」「治療中の法律相談は受けられない」という事務所も少なくありません。高度な医学知識を要する交通事故の適切な解決は、交通事故に詳しくない弁護士には困難なことが多いです。

適正な損害賠償獲得までの流れ

トラブルになっていなくても相談しよう

揉めていないからと弁護士に相談されていない方も、示談交渉の時に不信を抱き来所されます。示談交渉の段階でもメリットはありますが、早い段階からご相談いただくと、最大限の賠償金獲得につながるアドバイスができます。

サリュの交通事故
フルサポート

弁護士に依頼する流れ

  • 01

    お問い合わせ

    まず電話やメールなどで弁護士事務所に問合せをします。

  • 02

    無料相談

    弁護士との面談・法律相談が行われます。

  • 03

    お申し込み

    委任をする場合は委任契約を締結し、弁護士が交通事故被害者の代理人に就任します。

  • 04

    交渉

    弁護士が代理人として加害者側と示談交渉を行います。

  • 05

    問題解決

    示談交渉がまとまったら、事件が終了へ向かいます。決裂した場合は裁判となります。

サリュの解決までの流れ

弁護士法人サリュの
ご案内

交通事故は取扱が特殊で、弁護士なら誰でも適切に解決できるわけではありません。
サリュは、業界トップクラス解決実績15,000件以上。お客様のもっとに応えられます。