名古屋で交通事故被害に合われた方、ご相談ください。

  • 賠償金の提示額に納得できない
  • 後遺障害の等級認定に不満がある
  • 「治療費を打ち切る」と言われた
  • 事故状況を歪められ、傷ついた
  • 仕事ができないのに休業補償を打ち切られた
  • 後遺症があるのに補償が不十分

「交通事故被害者の救済」
こだわり続けたサリュに
お任せください。

サリュなら、
解決事例15,000件以上

解決事例 01

Sさん(女性)63才
〈専業主婦〉

左肩鎖関節脱臼の障害
診断書の内容の誤りを指摘し異議申立てをした後、示談交渉
[保険会社提示金]380万円・[後遺障害等級]11等級→交渉後→[解決額]1471万円・[後遺障害等級]10等10号
1091万円UP!!

解決事例 02

Mさん(女性)41才
〈自営業〉

鎖骨骨折
Mさんが追突したとする加害者の主張に対し矛盾点等を指摘
[保険会社提示金]責任否定→交渉後→[解決額]1700万円
1700万円UP!!

解決事例 03

Iさん(男性)29才
〈会社経営者〉

右肩を損傷右肩の痛みと可動域制限の障害が残存
過小評価されていた後遺障害等級に異議申立て
[後遺障害等級]14級9号→交渉後→[解決額]1700万円・[後遺障害等級]10級10号
1091万円UP!!

正当な賠償金を受け取りましょう

名古屋で交通事故を弁護士に
依頼するメリット

  • メリットその1

    賠償金が数千万円
    上がることも珍しくない

    なぜなら弁護士なら、相手方に対し、裁判基準によって交渉することができるからです。裁判基準とは、賠償金の額を決める基準のうちのひとつの名称です。
    損害賠償額の基準には、3つの基準があります。賠償額が低い順に自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準と呼ばれます。
    本来、交通事故被害者に支払われる賠償金はその最も高額な裁判基準を元にしたものになるべきなのですが、保険会社が提示する賠償金の額は、ほとんどのケースで自賠責保険基準を元に計算されたものとなっています。

    交通事故フルサポート

    特別事情の立証でさらに増額!弁護士による交渉なら最大基準まで増額

    交通事故フルサポート

  • メリットその2

    症状に見合った
    後遺障害等級の獲得

    後遺障害の審査では、提出する書類に不備がある場合、妥当な等級が認定されないことがあります。弁護士に依頼すると、書類の不備を防ぐだけでなく、等級獲得に有利な資料を選別して申請することが可能になります。そのため、交通事故に強い弁護士に相談、依頼することで被害者の症状に見合った後遺障害等級になる可能性が高まります。

  • メリットその3

    事故の調査・交渉で
    妥当な過失割合を獲得

    一つとして同じ交通事故はありません。弁護士は事故状況を調査し、個別具体的な事情を考慮した過失割合を交渉することができます。

  • メリットその4

    弁護士が窓口になり
    ストレスが軽減

    治療中は、保険会社からの心ない発言、対応に辛い思いをする被害者は少なくありません。弁護士は保険会社との交渉窓口になりますので、被害者は治療や仕事に集中することができます。

動画で
わかる
弁護士に依頼するメリット

なぜ、交通事故はすぐに弁護士に相談しなければならないのか?
交通事故の賠償金交渉の実態を、弁護士が解き明かします。

名古屋事務所のご紹介

交通事故の
プロたる所以

被害者の方が、適正な後遺障害等級を認められて、適正な損害賠償を受けられるようにしたい。
その強い思いから、独自のサポートが生まれました。「弁護士事務所ならどこでも同じ」ではないのです。
経験やノウハウ、医学知識、サリュは交通事故のプロとして、被害者救済にこだわり続けています。

相手側を上回る戦力 リーガルスタッフ

弁護士とスタッフがタッグを組んで、事故状況を徹底的に聞き取り、洗い直して調査することで、有利な証拠を発見します。また、専属のリーガルスタッフがスピーディーに対応します。

リーガルスタッフシステム

顧問ドクターが原因を究明

医者から痛みの原因がわからず「問題なし」とされた人でも、サリュの顧問ドクターが原因を究明し、後遺障害認定を獲得できた例が多くあります。

顧問ドクターのサポート

元損保会社顧問のノウハウ

サリュ創業者の谷清司は、もともと損害保険会社側の弁護士でしたので、保険会社の戦略が裏の裏までわかります。先手を打って有利に事を運びます。

元損保弁護士だからこそ

被害者側專門だから、 粘り強い交渉が可能

サリュは、交通事故の被害者側専門の法律事務所です。保険会社との顧問契約がないため、保険会社の顔色をうかがうことなく粘り強く交渉に臨むことができます。

後遺障害診断書作成をアドバイス

後遺障害診断書の作成は、治療とは直接関係しないため、医師によっては必要な検査をしてくれなかったり、適切な診断書を作成してくれなかったりします。サリュでは適切な等級認定のため、後遺障害診断書の作成についてもアドバイスいたします。

後遺障害診断書作成への助言

納得のいかない認定に異議申し立て

サリュでは、既に認定された後遺障害等級が覆る可能性がある場合には、異議申立てをすることをお勧めしています。

認定への異議申し立て

サリュの無料相談

  • ご来所不要
  • 相談料・着手金0円
  • 全国対応

賠償金獲得まで費用は原則いただきません。

オンライン相談実施中

[01]ご予約[02]お電話で状況確認[03]無料相談

0120-181-398

受付時間:
平日 10:00~18:00

名古屋事務所のご紹介

松葉 想

所長弁護士

松葉 想

(愛知県弁護士会 所属)

オーダーメイドの解決を。

名古屋事務所所長弁護士の松葉想と申します。平成24年の弁護士登録以来、交通事故をはじめ離婚、相続、債務整理、B型肝炎訴訟、労働問題など、幅広い分野の案件を取り扱ってまいりました。お客様がトラブルの解決に向けて重視されている点は、お客様ごとに異なります。経済的側面、精神的側面、時間的側面など、お客様が最も懸念されている事項についてしっかりと耳を傾け、最善の解決方法をご提案いたします。

2013年9月開所 解決実績数2,000件以上

名古屋事務所の特徴

  • 特長01

    確かなノウハウに基づくアドバイス

    名古屋事務所は、多くのご相談・ご依頼を受けており、交通事故など約2000件の解決実績があります。加えて、弁護士法人サリュは全国に支店があり、各事務所同士で情報共有も行っているため、各分野において多くのノウハウの蓄積があります。これまでの豊富な経験に基づき、質の高いリーガルサービスを提供いたします。

  • 特長02

    顧問医との連携

    交通事故や医療事故の案件では、症状と事故との法的結びつきなど、医学分野に関わる点が、争点となることがあります。名古屋事務所では、提携している顧問医から専門的なアドバイスをもらうことができるため、医学的な争点が生じたとしても、しっかりと戦うことができます。

  • 特長03

    アクセスの良さ

    名古屋事務所は、JR名古屋駅広小路口より徒歩7分、ミヤコ地下街4出口より徒歩4分の場所にあります。このようなアクセスの良さもあり、愛知県にとどまらず、東海地方全域、石川・富山県などの北陸地方のお客様からも多くのご依頼をいただいております。お電話やオンラインでの相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

名古屋事務所アクセス

〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南1-16-28 NMF名古屋柳橋ビル9階
Free:0120-181-398
TEL:052-462-1987 / FAX:052-462-1988

オンラインでのご相談も実施しております。

営業時間:平日 10:00~17:00
予約受付:平日 10:00~18:00

年末年始・ゴールデンウィークを除きます。

  • 名古屋駅桜通口を出て、名古屋駅を背にして右(名鉄百貨店)方向へ、名駅通をLABI名古屋前(笹島交差点)まで直進。
  • LABI名古屋を背に、スパイラルタワーまで名駅通を横断し、すぐ右手の横断歩道を利用して広小路通を三井ビルディング方向へ横断。
  • 横断後、左(江川線)方向へ広小路通に沿って進み、ゆたか証券のビルを通り過ぎて3つ目(三菱UFJ銀行のビルの1つ手前)のビル(1階がスギ薬局跡)の9階。

  • 名古屋駅桜通口より徒歩9分
  • 名古屋駅広小路口より徒歩7分
  • ミヤコ地下街4出口より徒歩4分

交通事故 解決事例

  • 受傷
    部位別
  • 異議・裁判で
    等級変更
  • 後遺障害別
    • 非該当から14級を認定
    • 首(頚)
    • 膝・下腿(脛)

    膝部痛に関する異議申立で非該当から14級認定、賠償金が当初の5倍以上に!

    後遺障害
    等級
    非該当
    保険会社
    提示額
    70万円

    後遺障害
    等級
    14級9号
    解決額
    450万円
    (自賠責保険金含)
    • 逸失利益
    • 肩・鎖骨

    鎖骨遠位端骨折 訴訟提起により事前提示額の2倍以上の賠償金を獲得

    後遺障害等級
    12級6号
    保険会社提示額
    600万円

    後遺障害等級
    12級6号
    解決額
    1400万円
    • 休業損害
    • 非該当から12級を認定

    執念の紛争処理調停で非該当から12級獲得し、示談金約9倍増。

    後遺障害
    等級
    非該当
    保険会社
    提示額
    80万円

    後遺障害
    等級
    14級
    解決額
    700万円
    • 肩・鎖骨

    弁護士介入し後遺障害14級が併合11級にUP。示談金は当初の提示の6倍以上に

    後遺障害
    等級
    14級
    保険会社提示額
    80万円

    後遺障害
    等級
    11級
    解決額
    500万円
    • 高次機能障害

    事故で重篤な怪我をし、自殺。裁判で事故と自殺との因果関係「認定」

    事故と自殺との因果関係否定
    保険会社
    提示額
    100万円

    事故と自殺との因果関係肯定
    解決額
    1500万円
    • 高次機能障害

    異議申立てで12級から9級に。賠償金が12倍に

    後遺障害
    等級
    12級13号
    保険会社
    提示額
    289万円

    後遺障害
    等級
    9級10号
    解決額
    3600万円

解決事例の一覧を見る

解決までの流れと
サポート

正当な賠償金を獲得するためには、後遺障害認定が必要不可欠です。
サリュは、多くの法律事務所がサポートしない治療終了(症状固定)前から、お客様の後遺障害等級の見込みを立て、
後遺障害認定から示談交渉、慰謝料請求まで交通事故をフルサポートで対応しています。

治療中の対応→示談交渉→裁判対応→正当な賠償金獲得

ご相談から解決までの流れ

どんなことでお困りですか?

交通事故
被害別の注意点

「交通事故被害者の救済」に
こだわり続けた
サリュにお任せください。

弁護士等紹介

サリュの無料相談

  • ご来所不要
  • 相談料・着手金0円
  • 全国対応

賠償金獲得まで費用は原則いただきません。

オンライン相談実施中

[01]ご予約[02]お電話で状況確認[03]無料相談

0120-181-398

受付時間:
平日 10:00~18:00

名古屋事務所の対応エリア

サリュは10事務所で全国対応ですので、下記エリア外もお気軽にご相談ください。

  • 愛知県

    • 名古屋市
    • 名古屋市千種区
    • 名古屋市東区
    • 名古屋市北区
    • 名古屋市西区
    • 名古屋市中村区
    • 名古屋市中区
    • 名古屋市昭和区
    • 名古屋市瑞穂区
    • 名古屋市熱田区
    • 名古屋市中川区
    • 名古屋市港区
    • 名古屋市南区
    • 名古屋市守山区
    • 名古屋市緑区
    • 名古屋市名東区
    • 名古屋市天白区
    • 豊橋市
    • 岡崎市
    • 一宮市
    • 瀬戸市
    • 半田市
    • 春日井市
    • 豊川市
    • 津島市
    • 碧南市
    • 刈谷市
    • 豊田市
    • 安城市
    • 西尾市
    • 蒲郡市
    • 犬山市
    • 常滑市
    • 江南市
    • 小牧市
    • 稲沢市
    • 新城市
    • 東海市
    • 大府市
    • 知多市
    • 知立市
    • 尾張旭市
    • 高浜市
    • 岩倉市
    • 豊明市
    • 日進市
    • 田原市
    • 愛西市
    • 清須市
    • 北名古屋市
    • 弥富市
    • みよし市
    • あま市
    • 長久手市
    • 東郷町
    • 豊山町
    • 大口町
    • 扶桑町
    • 大治町
    • 蟹江町
    • 飛島村
    • 阿久比町
    • 東浦町
    • 南知多町
    • 美浜町
    • 武豊町
    • 幸田町
    • 設楽町
    • 東栄町
    • 豊根村
  • 上記エリア以外の方でも、名古屋事務所でのご相談をご希望でしたら対応させていただきます。

交通事故コラム

もっと見る

愛知の
交通事故の統計

1 愛知の交通事故発生数
ランキング

令和3年において、愛知県内の交通事故発生件数は、名古屋市が1位、豊橋市が2位、一宮市が3位となりました。愛知県内の令和3年交通事故発生総数が2万4185件ですので、名古屋市、豊橋市、一宮市の3つの市で、愛知県内の交通事故の約45%が発生していることになります。
名古屋市内の区別で交通事故発生件数を見てみると、名古屋市緑区が838件、名古屋市中区が807件、名古屋市中川区が765件の順となっています。
また、死者数については、名古屋市が1位、岡崎市が2位、一宮市が3位となっており、交通事故発生件数2位の豊橋市は豊田市と並んで4位となっています。

順位 市町村 発生件数
1位 名古屋市 8,224
2位 豊橋市 1,478
3位 一宮市 1,115
4位 春日井市 1,101
5位 豊田市 1,019
順位 市町村 発生件数
6位 岡崎市 971
7位 豊川市 565
8位 刈谷市 534
9位 西尾市 516
10位 安城市 515

(愛知県警察本部交通部:愛知県の交通事故発生状況 令和3年)

2 愛知の交通事故発生数交差点ランキング

令和2年にもっとも交通事故が発生した交差点は、本山交差点(名古屋市千種区)、千早北交差点(名古屋市中区)でした。特に千早北交差点は、一般社団法人日本損害保険協会が発表する、愛知県内で交通事故発生件数の多い交差点ワースト5に平成29年、令和元年、そして令和2年と掲載されており、交通事故が多発していることがわかります。
千早北交差点で事故が多発している原因が右折先横断歩道周辺に対する安全確認の不十分さであることから、予防策として右折先の横断歩道上を走行する自転車等に注意することが挙げられています。また、本山交差点では改善策として令和2年末に信号表示の調整が行われ、事故発生を防ぐ取り組みが行われています。

順位 交差点名 発生件数
1位 本山
交差点
11
1位 千早北
交差点
11
3位 千郷町
交差点
9
3位 矢場町南
交差点
9
3位 矢場久屋
東南
交差点
9

(一般社団法人日本損害保険協会)

3 愛知の交通事故発生件数及び負傷者数の推移

発生件数、負傷者数、死者数ともに、年々減少してきています。令和3年の数値を平成24年の数値と比較すると、発生件数は48%、負傷者数は46%、死者数は49%となっています。

発生件数 負傷者数 死者数
H24年 49,651 61,576 235
H25年 48,949 60,867 219
H26年 46,131 57,183 204
H27年 44,369 55,070 213
H28年 41,551 51,087 212
H29年 39,115 47,832 200
H30年 35,258 42,548 189
R1年 30,836 37,011 156
R2年 24,879 29,559 154
R3年 24,185 28,631 117

(愛知県のHPの交通事故統計)
(愛知県警察本部交通部:愛知県の交通事故発生状況 令和3年)