• 部位別の傷病

下腿

脛骨プラトー骨折
≒ 脛骨顆部骨折、脛骨高原骨折

01.傷病名の一般的説明

膝関節内の骨折です。この骨折は、膝に衝撃が加わった際に多く発症することから、半月板損傷や靱帯損傷を合併することが少なくありません。

02.必要な検査等

単純X線(骨折形態の正確な把握のため2方向以外に両斜位を含む)・断層X線・MRI・CTなどが必要です。特に、MRIは半月板や靱帯損傷の確認に有用です。

脛骨骨折

01.傷病名の一般的説明

脛骨(骨幹部)骨折は、四肢長管骨骨折のなかで、下腿が外力を受けやすいことから、もっとも頻度が高く、開放骨折も多いです。特に、関節に近い部分を骨折した場合には、関節(膝関節・足関節)の機能障害に注意を払う必要があります。

02.必要な検査等

前後・側面の2方向のX線撮影が必須ですが、医師が必要と判断すれば両斜位も追加されます。また、介達外力損傷では腓骨骨折の部位が脛骨骨折と異なることがあるので、下腿全長のX線を撮ります。神経損傷が遅れて発生することがあるので、初診時に知覚や足関節、足趾の自動運動検査を受けた方が良いです。

腓骨骨折

01.傷病名の一般的説明

下腿外側からの外力により、腓骨骨幹部の単独骨折が生じますが、脛骨骨折と合併することが多いようです。その場合、脛骨骨折と異なる部位に骨折が見られることもあります。腓骨骨折は比較的癒合しやすいですが、これは腓骨を覆う筋肉からの血行がよいためとされています。

02.必要な検査等

膝・足関節を含めた2方向X線撮影が不可欠です。また、上下の関節面に骨折線が及んでいるような場合は、別に関節部の2方向と両斜位撮影が行われます。血管損傷が疑われる場合には、血流を確認し、必要に応じて血管造影で血管損傷の有無、部位及び形態を診断します。

腓骨神経麻痺

01.傷病名の一般的説明

腓骨神経は、下腿を走行する神経であり、膝の外側を通り、腓骨の側面を下降して、足関節を通り、足指に達しています。本症状は、膝の前・後十字靱帯損傷、高原骨折、足関節の内外果骨折などの下腿骨の脛・腓骨の骨折に伴って発症します。症状としては、最も症例が多い総腓骨神経麻痺で、下腿外側から足背の知覚障害、足関節の背屈、趾の伸展、外がえし動作が障害され、自力で足首を曲げることが不可能になります。足指も下に垂れたままの状態となり、自力で背屈が出来ません。

02.必要な検査等

筋電図検査、神経伝達速度検査、徒手筋力テスト、足関節、足趾の可動域検査(但し、麻痺症状なので、自動値による測定となります。)などです。