神戸で交通事故被害に合われた方、ご相談ください。

  • 賠償金の提示額に納得できない
  • 後遺障害の等級認定に不満がある
  • 「治療費を打ち切る」と言われた
  • 事故状況を歪められ、傷ついた
  • 仕事ができないのに休業補償を打ち切られた
  • 後遺症があるのに補償が不十分

「交通事故被害者の救済」
こだわり続けたサリュに
お任せください。

サリュなら、
解決事例15,000件以上

解決事例 01

Sさん(女性)63才
〈専業主婦〉

左肩鎖関節脱臼の障害
診断書の内容の誤りを指摘し異議申立てをした後、示談交渉
[保険会社提示金]380万円・[後遺障害等級]11等級→交渉後→[解決額]1471万円・[後遺障害等級]10等10号
1091万円UP!!

解決事例 02

Mさん(女性)41才
〈自営業〉

鎖骨骨折
Mさんが追突したとする加害者の主張に対し矛盾点等を指摘
[保険会社提示金]責任否定→交渉後→[解決額]1700万円
1700万円UP!!

解決事例 03

Iさん(男性)29才
〈会社経営者〉

右肩を損傷右肩の痛みと可動域制限の障害が残存
過小評価されていた後遺障害等級に異議申立て
[後遺障害等級]14級9号→交渉後→[解決額]1700万円・[後遺障害等級]10級10号
1091万円UP!!

正当な賠償金を受け取りましょう

神戸で交通事故を弁護士に
依頼するメリット

  • メリットその1

    賠償金が数千万円
    上がることも珍しくない

    なぜなら弁護士なら、相手方に対し、裁判基準によって交渉することができるからです。裁判基準とは、賠償金の額を決める基準のうちのひとつの名称です。
    損害賠償額の基準には、3つの基準があります。賠償額が低い順に自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準と呼ばれます。
    本来、交通事故被害者に支払われる賠償金はその最も高額な裁判基準を元にしたものになるべきなのですが、保険会社が提示する賠償金の額は、ほとんどのケースで自賠責保険基準を元に計算されたものとなっています。

    交通事故フルサポート

    特別事情の立証でさらに増額!弁護士による交渉なら最大基準まで増額

    交通事故フルサポート

  • メリットその2

    症状に見合った
    後遺障害等級の獲得

    後遺障害の審査では、提出する書類に不備がある場合、妥当な等級が認定されないことがあります。弁護士に依頼すると、書類の不備を防ぐだけでなく、等級獲得に有利な資料を選別して申請することが可能になります。そのため、交通事故に強い弁護士に相談、依頼することで被害者の症状に見合った後遺障害等級になる可能性が高まります。

  • メリットその3

    事故の調査・交渉で
    妥当な過失割合を獲得

    一つとして同じ交通事故はありません。弁護士は事故状況を調査し、個別具体的な事情を考慮した過失割合を交渉することができます。

  • メリットその4

    弁護士が窓口になり
    ストレスが軽減

    治療中は、保険会社からの心ない発言、対応に辛い思いをする被害者は少なくありません。弁護士は保険会社との交渉窓口になりますので、被害者は治療や仕事に集中することができます。

動画で
わかる
弁護士に依頼するメリット

なぜ、交通事故はすぐに弁護士に相談しなければならないのか?
交通事故の賠償金交渉の実態を、弁護士が解き明かします。

神戸事務所のご紹介

交通事故の
プロたる所以

被害者の方が、適正な後遺障害等級を認められて、適正な損害賠償を受けられるようにしたい。
その強い思いから、独自のサポートが生まれました。「弁護士事務所ならどこでも同じ」ではないのです。
経験やノウハウ、医学知識、サリュは交通事故のプロとして、被害者救済にこだわり続けています。

相手側を上回る戦力 リーガルスタッフ

弁護士とスタッフがタッグを組んで、事故状況を徹底的に聞き取り、洗い直して調査することで、有利な証拠を発見します。また、専属のリーガルスタッフがスピーディーに対応します。

リーガルスタッフシステム

顧問ドクターが原因を究明

医者から痛みの原因がわからず「問題なし」とされた人でも、サリュの顧問ドクターが原因を究明し、後遺障害認定を獲得できた例が多くあります。

顧問ドクターのサポート

元損保会社顧問のノウハウ

サリュ創業者の谷清司は、もともと損害保険会社側の弁護士でしたので、保険会社の戦略が裏の裏までわかります。先手を打って有利に事を運びます。

元損保弁護士だからこそ

被害者側專門だから、 粘り強い交渉が可能

サリュは、交通事故の被害者側専門の法律事務所です。保険会社との顧問契約がないため、保険会社の顔色をうかがうことなく粘り強く交渉に臨むことができます。

後遺障害診断書作成をアドバイス

後遺障害診断書の作成は、治療とは直接関係しないため、医師によっては必要な検査をしてくれなかったり、適切な診断書を作成してくれなかったりします。サリュでは適切な等級認定のため、後遺障害診断書の作成についてもアドバイスいたします。

後遺障害診断書作成への助言

納得のいかない認定に異議申し立て

サリュでは、既に認定された後遺障害等級が覆る可能性がある場合には、異議申立てをすることをお勧めしています。

認定への異議申し立て

サリュの無料相談

  • ご来所不要
  • 相談料・着手金0円
  • 全国対応

賠償金獲得まで費用は原則いただきません。

オンライン相談実施中

[01]ご予約[02]お電話で状況確認[03]無料相談

0120-181-398

受付時間:
平日 10:00~18:00

神戸事務所のご紹介

中山 碩

所長弁護士

中山 碩

(兵庫県弁護士会 所属)

真実は、対話の中にこそ

神戸事務所の所長を務めております、中山と申します。私は、大阪大学法学部、同大学大学院高等司法研究科を修了し、弁護士となって以来、当法人大阪事務所勤務を経たうえで、神戸事務所の所長として執務しております。
我々は法律の専門家ではありますが、いったい何があったのか、そのできごとを受けてどう感じているのかは、まさに当事者でいらっしゃるお客様にしかわかりません。お客様のお話を伺わなければ、法的能力をふるうことはかなわないのです。
私たち神戸事務所は、構成員がこれまでの人生でつちかってきた深く幅広い教養と、法的知識、理論を背景に、注意深く対話を繰り返し、ときに経緯に眠る紛争の根源をあぶり出し、ときに冷静なまなざしでお客様にとり最適な解決へと導きます。
まずは私たちと、少しお話してみませんか。

年間受任件数(個人実績)1位 交通事故事件問題プロジェクト参加

神戸事務所の特徴

  • 特長01

    どこよりも熱いハートとスピリットで!

    全国的にハートフルな弁護士・リーガルスタッフが多いサリュですが、神戸事務所の弁護士・リーガルスタッフは、自他ともに認める熱い想いを持ったメンバーばかりです。ご依頼者様一人ひとりに寄り添うのは当然のこと。神戸事務所では、情熱を注ぎ、戦い抜くスピリットを胸に、日々執務しております。

  • 特長02

    できるだけ明確な見通しのご提案をいたします

    弁護士事務所で得られるアドバイスは、不明確であることが多いと聞きます。「本当のところどうなの?何パーセントの見込みがあるの?」。そのような疑問を解消するべく、神戸事務所では相談の際、できうる限り具体的で明確な見込みをお伝えします。確かな実績に裏打ちされた自信があるからこそ、明確な見通しを提供できるのだと自負しております。

  • 特長03

    フットワークは軽く、徹底した現場主義!

    神戸事務所では遠方の案件、ご依頼者様からの受任も多く、全国的なご支持をいただいております。「神戸は遠いので…」という不安を抱く必要はありません。私たちは、日本全国どこでも喜んでお伺いいたします。また、事件解決に必要であれば、ためらうことなく現地調査に出向かせていただきます。徹底した現場主義を貫き、ご依頼者様に寄り添います。

神戸事務所アクセス

〒650-0035
兵庫県神戸市中央区浪花町59 神戸朝日ビル11階
Free:0120-181-398
TEL:078-325-3027 / FAX:078-325-3028

オンラインでのご相談も実施しております。

営業時間:平日 10:00~17:00
予約受付:平日 10:00~18:00

年末年始・ゴールデンウィークを除きます。

  • 旧居留地・大丸前駅から徒歩約5分
  • 三宮・花時計前駅から徒歩約5分
  • JR三ノ宮駅または阪急・阪神三宮駅から徒歩8分
  • 元町駅から徒歩5分
  • 朝日ホール、シネ・リーブルがあるビルです。近隣に有料駐車場あり。

交通事故 解決事例

  • 受傷
    部位別
  • 異議・裁判で
    等級変更
  • 後遺障害別
    • 非該当から14級を認定
    • 首(頚)
    • 膝・下腿(脛)

    膝部痛に関する異議申立で非該当から14級認定、賠償金が当初の5倍以上に!

    後遺障害
    等級
    非該当
    保険会社
    提示額
    70万円

    後遺障害
    等級
    14級9号
    解決額
    450万円
    (自賠責保険金含)
    • 逸失利益
    • 肩・鎖骨

    鎖骨遠位端骨折 訴訟提起により事前提示額の2倍以上の賠償金を獲得

    後遺障害等級
    12級6号
    保険会社提示額
    600万円

    後遺障害等級
    12級6号
    解決額
    1400万円
    • 休業損害
    • 非該当から12級を認定

    執念の紛争処理調停で非該当から12級獲得し、示談金約9倍増。

    後遺障害
    等級
    非該当
    保険会社
    提示額
    80万円

    後遺障害
    等級
    14級
    解決額
    700万円
    • 肩・鎖骨

    弁護士介入し後遺障害14級が併合11級にUP。示談金は当初の提示の6倍以上に

    後遺障害
    等級
    14級
    保険会社提示額
    80万円

    後遺障害
    等級
    11級
    解決額
    500万円
    • 高次機能障害

    事故で重篤な怪我をし、自殺。裁判で事故と自殺との因果関係「認定」

    事故と自殺との因果関係否定
    保険会社
    提示額
    100万円

    事故と自殺との因果関係肯定
    解決額
    1500万円
    • 高次機能障害

    異議申立てで12級から9級に。賠償金が12倍に

    後遺障害
    等級
    12級13号
    保険会社
    提示額
    289万円

    後遺障害
    等級
    9級10号
    解決額
    3600万円

解決事例の一覧を見る

解決までの流れと
サポート

正当な賠償金を獲得するためには、後遺障害認定が必要不可欠です。
サリュは、多くの法律事務所がサポートしない治療終了(症状固定)前から、お客様の後遺障害等級の見込みを立て、
後遺障害認定から示談交渉、慰謝料請求まで交通事故をフルサポートで対応しています。

治療中の対応→示談交渉→裁判対応→正当な賠償金獲得

ご相談から解決までの流れ

どんなことでお困りですか?

交通事故
被害別の注意点

「交通事故被害者の救済」に
こだわり続けた
サリュにお任せください。

弁護士等紹介

サリュの無料相談

  • ご来所不要
  • 相談料・着手金0円
  • 全国対応

賠償金獲得まで費用は原則いただきません。

オンライン相談実施中

[01]ご予約[02]お電話で状況確認[03]無料相談

0120-181-398

受付時間:
平日 10:00~18:00

神戸事務所の対応エリア

サリュは10事務所で全国対応ですので、下記エリア外もお気軽にご相談ください。

  • 兵庫県

    • 神戸市
    • 神戸市東灘区
    • 神戸市灘区
    • 神戸市兵庫区
    • 神戸市長田区
    • 神戸市須磨区
    • 神戸市垂水区
    • 神戸市北区
    • 神戸市中央区
    • 神戸市西区
    • 姫路市
    • 明石市
    • 西宮市
    • 洲本市
    • 芦屋市
    • 相生市
    • 豊岡市
    • 加古川市
    • 赤穂市
    • 西脇市
    • 三木市
    • 高砂市
    • 小野市
    • 三田市
    • 加西市
    • 丹波篠山市
    • 養父市
    • 丹波市
    • 南あわじ市
    • 朝来市
    • 淡路市
    • 宍粟市
    • 加東市
    • たつの市
    • 多可町
    • 稲美町
    • 播磨町
    • 市川町
    • 福崎町
    • 神河町
    • 太子町
    • 上郡町
    • 佐用町
    • 香美町
    • 新温泉町
  • 上記エリア以外の方でも、神戸事務所でのご相談をご希望でしたら対応させていただきます。

交通事故コラム

もっと見る

兵庫の
交通事故の統計

1 兵庫の交通事故発生数
ランキング

2021年において、兵庫県内で発生した交通事故総数16,929件のうち、神戸市内内で発生した件数は4,332件、次いで姫路市2,249件、尼崎市1,347件となっております。高速道路で発生した件数は522件でした。兵庫県全体の25%の交通事故が神戸市内で発生していることになります。

順位 市町村 発生件数
1位 神戸市 4,332
2位 姫路市 2,249
3位 尼崎市 1,347
4位 加古川市 1,013
5位 西宮市 970
6位 明石市 935
7位 川西市 758
8位 伊丹市 676
9位 宝塚市 434
10位 高砂市 396

(兵庫県警 交通事故統計)

2 兵庫の交通事故発生件数及び負傷者数の推移

交通事故の発生総数や死者・負傷者とも年々減少している統計になっています。令和3年の数値を平成24年の数値と比較すると、発生件数は46%、負傷者数は45%、死者数は59%となっています。

発生件数 負傷者数 死者数
H24年 36,594 44,339 192
H25年 36,195 44,100 198
H26年 34,056 42,073 179
H27年 28,542 35,203 171
H28年 27,340 33,397 152
H29年 26,791 32,878 161
H30年 24,667 29,945 152
R1年 22,896 17,501 138
R2年 17,352 20,489 110
R3年 16,929 20,043 114

(神戸市 令和3年交通事故発生状況-全国・県内・市内-)

3 兵庫県のワースト交差点ランキング

神戸新聞社による令和元年のワースト交差点で発生した事故についてのランキングです。平成30年はワースト交差点5箇所で47件の事故が発生しています。このうち右折直進事故(13件)が特に多く発生しています。次いで多いのは追突事故(11件)となっています。

順位 交差点名 発生件数
1位 生田川
交差点
12
2位 七宮
交差点
10
3位 湊川公園
西口
交差点
9
3位 新生田川橋
交差点
9
5位 西宮
インター
交差点
7

(一般社団法人日本損害保険協会)