症状固定とは何ですか。

症状固定とは、傷病の症状が安定し、医学上一般に認められた治療を行っても、その医療効果(傷病の回復・改善)が期待できなくなった状態を言います。そのため、傷病の症状が投薬、理学療法等の治療により一時的な回復がみられるに過ぎない場合など、症状が残存している場合であっても、医療効果が期待できないと判断される場合は症状固定と判断されることになります。 つまり、簡単にいうならば、これ以上治療を続けても、良くも悪くもならないという時点をいいます。 医学上の概念ではなく、あくまでも法的な概念です。損害賠償上は、原則として症状固定日までの治療費が因果関係の範囲内となることになります。