保険会社から、休業損害の日額は5700円であると言われ、その金額なら払うと言われています。実際にはもっと稼いでいるのですが、これをもらってしまうと、休業損害についてはこの金額で確定してしまうのでしょうか。

示談書を交わすまで金額は確定しません。もし、納得のいかない金額であれば適切な金額を算出して、差額分を請求することが可能です。日額5700円計算で先に休業損害の支払を受ける場合には、「それ以上は請求しない。」などの言質をとられないようにしてください。