プロフィール

所属
愛知県弁護士会
公職等
元公務員
出身地
大阪府
出身校
東京大学法科大学院 中央大学法学部法律学科
趣味
動物と遊ぶこと、散歩、野球観戦
好きな
言葉
雲外蒼天

- 所属事務所に問い合わせる -

名古屋事務所

インタビュー

- 過去の人生で苦労したこと

周りの方々に支えてくださったおかげで、大きな苦労や挫折はまだありません。ただ、司法試験の勉強には苦労しました。
私は、中学生の頃から漠然と弁護士になりたいと考え、大学では法学部に進学しました。しかし、弁護士になるという明確な目標がなかったため、大学3年生の終わり頃までは勉強に身が入らず、周りのライバルよりも大幅な後れを取ってしまいました。
ライバルに追いつくために、とにかく勉強しましたが、その過程で、家族や友人等、周りの方々にたくさんの迷惑をおかけしてしまいました。しかし、周りの方々は、親身になって支えてくれました。そのおかげで、今の私があるので、感謝の気持ちしかありません。
これから、大きな苦労や挫折を経験していくと思いますが、これまで支えてくれた方々への感謝を持ちながら、乗り越えていきたいと思います。また、今後は、支える立場として貢献できるよう努めていきたいと思います。

- ご相談者、ご依頼者に伝えたいこと

一口に「交通事故」や「相続」と言っても、同じ案件は二つとありません。皆様のお話をしっかりとお伺いし、それぞれの状況に応じて、その権利利益の最大化に向けて共に歩んで行くのが、私たち弁護士の仕事だと強く思います。
お一人では、不安や悩みをどう乗り越えていくかわからないことも多いかと思います。こんなことは弁護士に相談する話ではないのかもしれない、と思われることでも、解決のために重要な事実であることも少なくありません。
弁護士への相談は、まったく敷居の高いものではございません。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

- 仕事の中で心がけていること

わかりやすい言葉でご説明し、依頼者の方の立場に立って、迅速・丁寧・粘り強く取り組んでいくことを心がけております。
法律用語の中には、普段の生活では聞きなれない言葉も多々あります。そのような言葉の意味を、依頼者の方が理解しやすいよう、わかりやすくご説明することを重視しております。
また、依頼者の方が、一日でも早く平穏な生活を取り戻すことができるよう、迅速かつ丁寧に仕事をし、粘り強く交渉等を行っていくことも重視しております。
そして最後には、「この人にお願いしてよかった」と思っていただけるよう、全力で取り組んで参りたいと思います。