プロフィール

所属
山口県弁護士会
公職等

山口県司法書士会所属 司法書士
広報委員会
民事介入暴力対策委員会
ヘルプ委員会
萩市空家等対策協議会委員
萩市建築審査会委員
日本司法支援センター地方扶助審査委員
セミナー・講演
不当要求防止責任者講習(山口県内警察署)
法と福祉のセミナー「地域福祉と法律相談センターをつなぐもの」(萩・長門法律相談センター)
出身地
広島
出身校
早稲田大学
趣味
釣り
好きな
言葉
ありがとう

- 所属事務所に問い合わせる -

萩・長門事務所

インタビュー

- 過去の人生で苦労したこと

友人・恩師らと一生懸命楽しむべきだった

事件について、ああすればもっと良い結果があったのではと自問自答することは日常茶飯事です。プライベートでは、基本的にプラス思考なので、挫折という認識はありません。ただ、学生時代にもっと友人・恩師らと一生懸命楽しむべきだったと後悔しています。同じ活動を人とともに取り組むことは素晴らしいことです。
このことは、サリュで働いて、共に働く仲間や依頼者の人生に触れることで実感できます。学生時代は、そういった人との関わりに消極的で、どこか自分主体の生活を送っていました。今さら後悔しても遅いので、今は、可能な限り、人との関係を大事にして、良き相談相手となれるように頑張ります。

- お客様に伝えたいこと

人との交渉事を抱えてしまうことはむしろ当然です

普通に平穏に生活できて、弁護士と関わったことがないという方は、とても幸運にめぐまれているのだと思います。社会の中で生活する以上、人との交渉事を抱えてしまうことはむしろ当然です。交通事故、労使問題、家族間のいざこざ、近所とのトラブル、借金問題、相続問題など、誰もが悩みの1つや2つを抱えています。
悩むことは決して悪いことではないので、遠慮なく弁護士に相談をして下さい。時間が解決してくれることもありますが、より早く解決できるように私達がサポートします。

- 仕事の中で心がけていること

ありのままの事実を話してもらえるように

最初のご相談のときに、依頼者にありのままを話してもらえるよう心がけています。事件の方針検討、事実・法令・判例調査などは、我々弁護士の専門業ですが、どのような解決が依頼者にとっていいのかは、依頼者の生の声を聞かないと判断できません。
依頼者と話をしていて何かおかしいなと感じるときは、人に言いづらいことがあることがほとんどです。初対面の若造から全て話をしてくれと言われるのも無理な話かもしれませんが、最善のアドバイスをするためには必要不可欠です。
もちろん、必要な事実を聞き出すためには、私達が良い質問をしなければなりません。こういう質問をすれば、勝つための事実が引き出せるのではないかと考えるのが、この仕事の面白みです。