プロフィール

出身地
福岡県
出身校
東京女子大学 現代文化学部言語文化学科
趣味
ライブ鑑賞、カラオケ
好きな
言葉
ピンチはチャンス

- 所属事務所に問い合わせる -

横浜事務所

インタビュー

- 過去の人生で苦労したこと

私は前職、法律とは全く関係のない分野である、ウェディングプランナーをしており、料亭としても有名なホテルに務めておりました。
一生に一度のお客様にとっての大切なイベントということもありがむしゃらに頑張っていた記憶がございます。まだ入社して間もない頃、婚礼料理の打合せを料理長とする機会があったのですが、「おい新人、話にならないから出ていけ」と言われたことがございます。
そのことが辛く最初は隠れて泣いていたのですが、「それではだめだ、お客様の幸せのためにもしっかり頑張らないと」と思い、根気強く真摯に話続け、徐々に打ちとけていったことは鮮明に覚えております。

- ご相談者、ご依頼者に伝えたいこと

この件は相談したほうがいいのだろうか、身内や周りにも相談していることを言い辛いなど、相談すること自体に不安や戸惑いを抱えている方も中にはいらっしゃると思います。
しかしながら、一歩踏み出すことはとても大切なことだと私は思います。それは、悩んで動かないより、動いてみたほうが何かが見えてくるからです。私も過去に悩んでも悩まなくても現状や結果が同じなのであれば、まずは動いてみなさいと母に言われたことがあります。一人で抱え込まず私達サリュに思いを打ち明けていただくことで、お客様の視界も晴れることと思います。

- 仕事の中で心がけていること

「お客様に寄り添う」ことを常に心がけております。きっと、色々なお気持ちと葛藤しながらも、相談しようという行動に踏み切ることに、とても勇気を出されたことでしょう。
私は、そんな皆様と悩みを共有し、少しでも辛さを和らげる、そんなお手伝いをさせていただきたいと思います。そのために、まずはお客様と同じ目線に立ってわかりやすいお言葉で説明を心がけること、「ゆっくり丁寧に」お話しすることを日々取り組んでおります。
交通事故などでこれからどうしたらいいのか何も分からなかったり、ここはどうなのだろうかという疑問点が生まれてきたりすることでしょう。そんなお客様のお言葉をお聞きして、少しでもお客様の道しるべになっていけたらと思っております。