プロフィール

出身地
群馬県前橋市
出身校
千葉大学法学科
趣味
ゴルフ
野球・サッカー観戦
カラオケ
好きな
言葉
百聞は一見に如かず

- 所属事務所に問い合わせる -

横浜事務所

インタビュー

- 過去の人生で苦労したこと

コンプレックスとの闘い

人生を通じて自分自身の短所とどのように付き合っていくかに悩まされました。
若いころから運動音痴であり、物事を器用にこなすことができない。常に自分自身の「出来ない」ということから同年代の人間に大きく遅れをとっていると悩むようになり、体格や声色と相まって、他人とコミュニケーションをとること自体を避け続けていました。
自分自身の「出来ること」に素直に向き合えるようになれたのは、社会人になって嫌が応にも仕事に追われるようになって、周囲に迷惑をかけまいと動くようになってからですね。

- ご相談者、ご依頼者に伝えたいこと

私も同じような経験をしています

法律事務所に相談するということはなかなか勇気がいることです。まだまだ、ほとんどの一般の方と法律の専門家の間の敷居は高いところにあるのではないでしょうか。私自身、逆の立場になった時に専門家に1本の電話をするというだけでも相当な覚悟がいると思います。
当たり前ですが、法律事務所に連絡をとろうという場合には何かしらのトラブルが発生した時です。とりわけ、サリュには交通事故のトラブルを抱えた方からご連絡をいただくことが多いですが、私自身交通事故にあったことがありますし、交通事故によって大切な人を亡くした経験もあります。
サリュに勤務している者もお客様と同じ人間なのです。お客様と同じように理不尽な経験をしたり、悩んだりすることもあります。ですので、サリュ連絡してみようと思った時に身構える必要は一切ございません。

- 仕事の中で心がけていること

お客様の負担にならないようにどのように行動するべきか

お客様に起きたトラブルや問題はそこだけにとどまらずに、家庭環境や仕事等日常にも大きな影響を及ぼすものです。そこで頼って来られたお客様に対して、いかに噛み砕いた内容で法律的解決まで導いていけるかということを常に考えています。
法律に限らず、専門的な分野というものは一つの言葉や文章だけでも理解することが難解な場合が多いです。例えば、私も病気になって症状が出た時に、どこの病院にかかればよいのか調べるだけでも一苦労です。
あくまで我々が行っている業務はお客様の解決のスムーズな道筋となっていかなければなりません。日常でも大変な思いをなさっているお客様にとってなるべく負担にならないようにするためにはどのような言葉を使い、どのような行動をとるべきかというのは、この業界において非常に大切なことだと思っています。