SALUT 弁護士法人サリュ

 

Q サリュへ依頼する前はどのような状況でしたか

 母が交通事故によって「高次脳機能障害」と診断され、4つ目の病院へ転院することになった時点で、保険会社からは「年寄りの運転者によくあることで、運転中に脳梗塞をおこしたと判断しましたので、入院費用は支払えません。」と言われ、少々感情的になっておりました。

Q 弁護士を探そうと思ったきっかけは何ですか

 当初は交通事故が原因の脳梗塞と診断されましたが、ICUへ入る必要があり転院した病院で脳梗塞を発症しました。そのため事故前から脳梗塞だったと誤認されました。治療費を打ち切られてもどうにかなるのですが、事故内容の事実を打ち消そうとする保険会社に対抗するために、個人の力では太刀打ち出来ないので弁護士に依頼しようと考えました。

Q サリュに問い合わせたきっかけや第一印象をおしえてください

 交通事故に強い弁護士をインターネットで探して、数か所に電話やメールにて相談したところ、サリュ以外はすべて断られたのがきっかけです。
 メールの対応もよかったので、すぐに電話で相談予約をいたしました。
 相談の際、リーガルスタッフの方が、こちらで思っている以上にいろいろ考えてくださっていると感じたので依頼することにしました。

Q 依頼時にサリュに期待したことは何ですか

 母は、事故以前は年齢を感じさせないほど元気で健康でしたし、脳梗塞は事故以後に起きたものだと確信しておりました。個人ではそれを証明する手立てもありません。
 喋ることも出来なくなった母に代わり最低限の賠償でも良いので母の名誉を回復させたいと望んでいました。

Q 事件が進行している最中にはどんな思いでしたか

 サリュの方には、母が入院したすべての病院へ面談に行っていただきました。そして、病院では保険会社寄りの発言をする非協力的なドクターばかりだったと聞きました。
 そんな状況の中、事故直後に運ばれた病院のドクターに「事故により脳梗塞を発症した」という意見書を書いていただけると聞いた時には、胸のつかえが一気に取れた思いでした。被害者請求により自賠責も1級が認定され、順調に話が進みほっとしました。

Q サリュに依頼して良かったことは何ですか

 他の弁護士では断られた案件を快く引き受けていただき、当初思っていた以上の良い結果になりました。長期間になると、当方も精神的にもキビシイと感じていたので早期解決ができてよかったです。
 担当弁護士様・リーガルスタッフ様だけでなく、サリュ全体で連携して動いてくれていると感じられました。
 弁護士という職業は堅苦しいイメージもありますが、サリュは弁護士・リーガルスタッフともに気軽に話かけられる雰囲気でした。
 また何かあったら是非お願いしたいと思います。弁護士=堅苦しいと誰もが思う一つの垣根を低くしてくれたと思います。

Q 弁護士を探してこのサイトを見ている方へのメッセージをお願いします

 サリュは各地に事務所を展開しているので、アクセスしやすい事務所へ一度無料相談に行くことをお勧めします。
 専門的な事は専門家に任せるのが一番です。
 弁護士さんとリーガルスタッフの方の人数が多いから軽いフットワークが成立するのだと実感しました。

 

Q サリュへ依頼する前はどのような状況でしたか

 私は保険会社の言い分にどうしても納得がいきませんでした。
 保険会社は、なぜ、「自賠責後遺症認定ではCRPSは3段階の等級しかない」と言ったのでしょうか。
 私は、事故から、症状固定まで2年10ヶ月もかかりました。つまり症状は重いのです。私の等級は7級でしたが、この等級が現在認められている一番高い等級です。事故後、私は車椅子で生活しており、その現状を見て欲しい、本当に何もかもを一辺倒で、決めてほしくない。症状などを見てしっかりと判断してほしいと思っている状況でした。

Q 弁護士を探そうと思ったきっかけは何ですか

 私は、原因もわからず治療法も確立されていない「複合性局所疼痛症候群」でした。
 私はこんな病名は聞いたことがありませんでした。素人ではとうてい保険会社には勝てないと思い、被害者側に立ってもらえる弁護士さんを探しました。

Q サリュに問い合わせたきっかけと第一印象を教えてください

 交通事故の案件に強く、被害者側に立ってもらえる所を探してインターネットでサリュのホームページを見ました。以前に谷弁護士がテレビで「被害者は泣いている」と言われていたのを思い出しました。
 電話で予約をして相談に行ったところ、弁護士さんから説明をいただいたのですが、本当にこと細かく、私のCRPSの事を知っておられると思い、納得して依頼しました。

Q 依頼した時にサリュに期待したことは何ですか

 私は事故にあう前は、いたって健康で、普通に仕事をしておりました。が、事故で、これからの人生が逆転しました。障害者になるとは夢にも思っておりませんでした。
 今後の保険会社との交渉や、ゆくゆくは裁判などを見据えて、被害者側の立場になって寄り添ってもらえると思いすべての事をお願いしました。

Q 事件が進行している最中にはどんな思いでしたか

 裁判の進行中は、遠方にも関わらず、私の主治医の面談に行ってくれました。主治医に私の症状の事をしっかり話してもらったおかげで、主治医には、本当に協力的な意見書を書いてもらいましたが、裁判自体は少し残念な結果に終わってしまいました。
 もっとも、私の怪我は、通勤中の災害だったので、労働災害に関する後遺障害の申請もしましたが、これも思うような結果になりませんでした。私は、この等級についても不満でしたので、サリュさんに、等級の変更申請についてもお願いしました。その際も、彦根市の労働基準監督署まではるばる来てくださいました。
 長い戦いの中で症状は徐々に悪化し、辛いこともありましたが、弁護士やスタッフのかたが頑張って下さっていると思うと、私も頑張らないと、という気持ちになりました。

Q サリュに依頼して良かったことは何ですか

 私は事故により、車椅子生活を余儀なくされる障害を負いました。
 保険会社との賠償交渉はもちろんですが、病院等の面談にも行ってもらいました。障害年金(労災年金)のアドバイスもしていただきました。保険会社との長い裁判での戦いで、本当に辛く、心が折れそうでしたが弁護士、リーガルスタッフの方に相談に乗ってもらえました。
 こまやかな対応をしていただいて感謝しております。

Q 弁護士を探してこのサイトを見ている方へメッセージをお願いします

 本当に親身になってもらいました。解決までに5年近くかかりましたが、弁護士、リーガルスタッフの方に精神的に辛い時にも支えてもらいました。被害者側に立ってもらえる、被害者によりそってもらえる、サリュ法律事務所に依頼してよかったです。

 

Q サリュへ依頼する前はどのような状況でしたか

 交通事故で股関節の軟骨を損傷し、痛みが継続して数ヶ月が経過したころ、加害者側の保険会社より、レントゲンなどの画像上、損傷が見当たらないとされ、事故から数ヶ月で、通院治療費を一方的に打ち切られました。

Q 弁護士を探そうと思ったきっかけは何ですか

 加害者側の保険会社の一方的な治療費の打ち切りに対して、私一人で抗議していたところ、主治医と保険会社との間でも、私の病状に関する見解が全く一致せず、次第に保険会社の電話対応も担当者を頻繁に変えるようになり、まともな対応がありませんでした。
 さらに、加害者側の保険会社は、弁護士を代理人に立ててきたため、個人での対処に限界を感じたからです。

Q 依頼した時にサリュに期待したことは何ですか

 ひと言でいえば、証拠もなく、当方の言い分を聞き入れない加害者側の保険会社の姿勢に一撃を加えたかったのです。
 保険会社も営利で事業を行っているのは理解できますが、彼らは賠償額を減少させる事だけが目標で、一部上場企業ともあろうものが、主治医の医学的証拠が自分たちにとって都合が悪いと向き合わず、私を診断したこともない会社お抱えの医師の意見書で対抗してくる。
 このような不義は、私は断じて認めません。
 そんな会社は社会的存在意義などありません。
 話が長くなりましたが、それを示す為には、私では法的知識が足りず、共に戦っていただける戦友を期待しておりました。

Q 事件が進行している最中にはどんな思いでしたか

 人は場数を踏むと物事のポイントを押さえる事ができるようになります。
 当時の私は、「裁判とはいかに医学上の証拠を積み上げるか」が、最も重要な点だと考えていましたが、総合的なストーリーのようなものも必要であったと思います。
 その点をうまくフォローして頂けたことで、より医証に説得力をつける事ができ、進行中、私の足りない点をうまく補って頂けました。

Q サリュに問い合わせたきっかけと第一印象を教えてください

 当時、私には弁護士さんの知り合いがなく、インターネットを検索してみても、特に交通事故に強い弁護士などをうたったところもありませんでした。
 サリュさんに最初に伺ったのも、「多人数でやっているようなので、いろいろな見地をお持ちなのかな・・・」と思ってのことでした。
 今、振り返れば、この頃は、私自身が少し人間不信に陥っており、サリュさんにとても良い印象を持ったにもかかわらず、他の弁護士さんなど複数の中から選んだほうが良いのか判断に迷いました。
 その後、谷先生と面談し、一問一答をしていただいている内に、「この人と一緒にやれたら結果が出なかったとしても、納得してその後を生きられる」と思い、お願いしました。

Q サリュに依頼して良かったことは何ですか

 訴訟上での対策をして頂けただけではなく、本当に苦しくて、ややもすれば挫けそうになる私を支えて頂きました。
 私がサリュさんを戦友と呼ぶのは真にこの点で、普通であれば、多くの場合、それは困難だと思うからです。
 なぜなら、損害を賠償してもらうには、私のように100%の被害者であろうが、損害を立証する責任はこちらにあります。ですが、そもそも今日の医学はまだ発展途上であり、人体の問題点について、全てを説明することもできませんし、また、解明することもできません。しかしながら、加害者側の保険会社はそこをついてくるため、思うようにはいきません。
 私自身、身体は痛むのに、その立証が第三者にうまく理解してもらえないと、とても鬱屈した気持ちになりました。しかし、目標を共にする専門家が理解を示し、親身な人格者だと感じることが出来ましたので、私の気持ちは癒されました。
 そうして、数年の長きに渡り、私は戦い抜くことができました。

Q 弁護士を探してこのサイトを見ている方へメッセージをお願いします

 泥棒にも三分の理ということわざがあるように、訴訟上での相手の言い分には、こんなに苦しめられるんだと強く感じました。
 理解しがたい理屈を主張され、私は、「なぜ被害者なのにそういう主張をされなければならないのか?」と感じることが多くあり、本当にハードです。
 こういった厳しい現実に、一人では心が折れてしまう方も多いと思います。
 しかし、それでも背中を支えてくださった専門家と二人三脚であったからこそ、私は、訴訟を乗り切ることができました。
 もう訴訟から随分年月が過ぎましたが、私は、サリュさんの誠意ある献身を忘れる事はありません。
 真に彼らは背中を預ける戦友でありました。

 

Q サリュへ依頼する前はどのような状況でしたか

 充実した人生を、突然の交通事故に襲われたのです。

 私は、20年以上前に脊髄損傷を負い下半身麻痺になったので、日常を車イスに頼る生活でした。
 車いすとはいえ、印刷関係の仕事もしていましたし、妻とも幸せな生活を送っていました。特に、私は昔からスポーツが好きで、砲丸投げの記録を持っていたり、テニスや水泳も定期的に行ったりしていました。
 今回の事故は、間近に迫ったホノルルマラソンのトレーニングも兼ねて、車いすで近所を回っているときに起きました。
 私が交差点に差し掛かったとき、一時停止無視の自動車に衝突されたのです。事故の直後から、今まで特に問題がなかった首や手に痛みやしびれが出始めたのです。

 そして、将来への不安を抱えながら、保険会社の仕打ちに打ちのめされることになりました。

 車いすを利用する生活では、下半身が使えない以上、残された上半身で生活をしなくてはなりません。首や手にしびれが出たことで、残されていた機能がさらに制限されるようになり、今後の生活に強い不安を感じました。
 初めての事故で、右も左も分からない私は、ただ病院に通って回復に努めました。ところが、保険会社の担当者は、事故現場も見ずに交渉を始めるなど、ぶっきらぼうで印象が悪かったです。
 私は自分に落ち度がないと思っていたので、不安に思っていることや言いたいことを強気に主張しました。このような状況では、交渉が成立する訳がありません。そのため、相手方保険会社は結局弁護士を入れてきたのです。
 この弁護士もとても高飛車な対応で、病院の同意書を送りつけてきて、サインをして1週間以内に返送しないと、治療費を打ち切ると言われました。
 今でも鮮明に覚えているのですが、初めての事故なので、病院の同意書の意味も分からず、相手弁護士に電話でいろいろ質問をしたら、そんな質問をされたのは初めてだと言われ、笑い飛ばされました。
 挙げ句の果てには、事故に遭っている人は貴方だけではない、100人も何人もいると、説教が始まりました。相手弁護士の態度が高圧的だったので、私にはもうこれ以上対応できないと思いました。

 それから、弁護士費用特約で弁護士を紹介されたのですが…。

 私の加入している保険会社の弁護士費用特約を利用して、弁護士(便宜上、弁護士Aとします。)を紹介してもらいました。ところが、その弁護士Aは、相手を説得するのではなく、私を説得し始めたのです。とにかく状況が不利だから、の一点張りでした。
 弁護士費用特約とは、保険会社同士で早く解決するためのものであり、加入者のための特約ではないような気がしました。
 味方であるはずの弁護士Aが信用できないことに加え、将来への不安で血圧も高くなっていたことや、私が同意もしていないのに相手方がなぜか資料を持っていたことなど、手続きへの不信感が重なっていきました。

Q 弁護士を探そうと思ったきっかけは何ですか

 弁護士Aが私を説得する状況が続いて、自分が被害者なのか、加害者なのか分からなくなってしまいました。
 同意書を書いていないのに、その診断内容を相手方が入手していたこともあり、対応に疑問を感じたりする中で、ストレスなどで血圧が上昇して、体調が好転する気配はありませんでした。弁護士Aに相談しても、全く行動を起こしてくれず、相変わらず私を説得しようとしてきます。
 そこで、信頼ができ、私と妻を守ってくれる弁護士を探そうと思ったのです。

Q サリュに問い合わせたきっかけは何ですか

 私の友人が、関西にでかけた時にテレビ番組に出てきた「弁護士法人サリュ」の名前を記憶しており、困っていた私にサリュを教えてくれました。
 それと同時に、私の妻もいろいろ調べてくれて、谷先生の『ブラック・トライアングル』を紹介してくれたのです。

 谷先生は大阪にいることは知っていましたが、ホームページなどで埼玉にもサリュの事務所があることを知りました。当時の私は、弁護士そのものに不信感を持っていましたが、一度は事務所に行ってみようかと思ったのです。

Q サリュの最初の印象はどうでしたか

 サリュとのファーストコンタクトの印象は、電話の対応が良かったことと、冷たいお茶が美味しかったこと、そして痩せていて、左利きでスマートな弁護士さん(平岡)が対応してくれたことです(笑)。

 そしてサリュに依頼することに。

 脊髄損傷という病態を深く理解してくれたこと、そこに新たな障害が加わった場合に、加重障害ということで不利益に扱われること(自賠責保険は、脊髄損傷のような中枢神経障害を有している障害者が、むちうちのような神経症状を新たに得ても、後遺障害として認めないという運用をしていました。)を理解してくれたことと、そして何より、今のおかしな運用を変えたいと力強く言ってくれたことで、不安が払拭され、依頼しようと思いました。

 平岡先生が、「解決するまでに5年かかるし、最高裁まで行きますよ。しかし、相手に不足なしです。」と言い切ってくれたことを今でも覚えています。
 私がサリュに期待したのは、私の立場に立って、保険会社やおかしな制度と戦ってくれることでした。
 そして、自賠責保険が平然と運用している、既存障害者に対する差別的な運用の誤りを明確にして欲しいことを伝えました。

今もM.K様の手元に置いてあるという新聞広告

Q 事件が進行している最中にはどんな思いでしたか

 ともに準備を重ね、前人未到の裁判に挑みました。

 事故に関しての窓口が全てサリュになったため、相手方弁護士からの問い合わせがなくなり、精神的に楽になりました。
 何よりも治療に専念できましたし、書類作成のために病院へ一緒に行ってくれるなど、損害賠償の準備の段階も、常に心強かったです。

 症状固定後、自賠責保険や紛争処理機構へ後遺障害の申請をしましたが、既に下半身麻痺がある以上は新たな頚部痛や上肢のしびれは後遺障害として評価しないと判断されました。
 そのような結果が出ることは最初から聞いており、分かってはいましたし、自賠責保険や紛争処理機構のおかしな判断を明確にさせる意図で申請をしたとはいえ、落胆はしました。

 交通事故における障害者の差別状況を、裁判で何とか解決したいという私の気持ちは強くなるばかりでした。
 訴訟提起直前、脊髄損傷者連合会という患者団体があることを知り、その埼玉会員の方に、訴訟で障害者差別を変えたいと相談しました。
 そうしたら、その方も、「その通りだ。周りにもそういう人はたくさんいる。私たちは『ゾンビ扱い(傷つけても賠償対象とならないという意味)』なのか。」と怒りを共有できました。
 その方の紹介もあって、脊髄損傷者連合会にも裁判への協力を求めることになり、平岡先生や、リーガルスタッフの中村さんをも交え、会長とお会いしました。
 その時、平岡先生が会長に対して、既存障害のある人が事故にあって新たな障害を得ても後遺障害として賠償対象にならない運用はおかしい、この運用を変える裁判をしたいので協力してほしいと真剣に訴えてくれたおかげで、最終的には、同連合会から全面協力を取りつけることができたと思います。

 いざ訴訟となると、保険会社側は、現在の差別的な制度がいかに正しいかを主張するとともに、私の新たな障害は交通事故と無関係であり、長年の車いす生活の結果であるなどと主張してきました。裁判の中でこのように主張され、非常に嫌な思いをしましたし、怒りも覚えました。
 サリュの方々、平岡先生や共同担当の籔之内先生、リーガルスタッフの中村さん、そして、常に支えてくれ、いつも裁判まで付き添ってくれた私の妻がチームとなって戦い抜いたおかげで、勝訴にまで持って行けたと思います。

Q サリュに依頼して良かったことがあればおしえてください。

 常に、私の立場になって対応してくれました。
 サリュがいったん壁になってくれるので、ワンクッション入れて、相手方の主張の意味を、優しい言葉や分かりやすい言葉に変えて説明してくれたので、余計なストレスを抱えることなく、日常生活が送れました。また、制度に対する私の怒りや相手方の争い方への不満なども、一度サリュが受け止めてくれたので、いつも共に戦ってくれる人がいると思えました。

 裁判でも、準備書面における主張や尋問の際、私の言いたいことや伝えたいことを上手に導いてくれました。また、裁判における和解の期日においても、籔之内先生が、ちょっと考える時間を取るように裁判所に伝えてくれたりするなど、常に配慮してくれました。

 さいたま地裁での第1審判決のとき、私は裁判所まで聞きにいきました。
 裁判に勝って、障害者差別の運用を変えることができるのか、それとも冷たくあしらわれるのか、とても不安で、緊張していました。
 そんなとき、リーガルスタッフの中村さんが共に付き添ってくれ、一緒に行動してくれて心強かったです。

 私は日本人ですが、裁判官が読み上げた判決文の意味が全く分かりませんでした。しかし、中村さんが丁寧に説明してくれましたので、勝ったことが分かりました。
 ほっとして、力が抜けると同時に、嬉しくて、妻と喜びあいました。長年、私や妻のような障害者を理不尽な目にあわせていた自賠責のルールに、初めてNOを突きつけたのです!
 判決後、中村さんが、すぐに平岡先生に電話して勝訴を伝えたとき、日頃はクールな平岡先生が泣いていたと聞きました。
 また、裁判を影ながら応援してくれた脊髄損傷者連合会の会長も、病床でとても喜んでいたと聞きます。

 その後、保険会社に控訴されましたが、控訴審でも勝訴しました。
 長年、当たり前のように存在し、私のような障害者を苦しめてきた自賠責の障害者差別の運用が、これから事故に遭うであろう同じ障害者を苦しめることのないように、今回の事件を広く知り、制度の変革のきっかけになってほしいと願います。

Q 弁護士を探してこのサイトを見ている方へのメッセージをお願いします

 事故に遭ったら、保険会社とは交渉せず、まず弁護士を探しましょう。
 保険会社と交渉しても、イライラするだけで良くありません。
 弁護士特約がある場合でも、私の経験からは、保険会社が紹介する弁護士はお勧めできません。
 私は、当時サリュの代表であった谷先生の評判を見聞きしてサリュに相談へ行き、平岡先生や籔之内先生、中村さんと出会えました。そして、それは正解でした。
 このサイトをご覧になっている交通事故被害者の方も、サリュの事務所に相談に行けば、それがどこの事務所であっても、私が出会った「『サリュ』の弁護士とリーガルスタッフ」に出会えると思います。

なぜ、サリュは強いのか?
The reason for our strengths

リーガルスタッフシステム
Legal staff system

顧問ドクター
Advisor doctor

元損保弁護士ゆえ
Advantage

最新解決事例
Achievements

フルサポート
Full support

勉強会・研修会
Seminar

生きた解決事例
Case study

依頼者の声
Client's voice

三ツ星コラム
Column

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview