SALUT 弁護士法人サリュ

 

    福岡県弁護士会 所属 弁護士
    交通事故被害者サポート委員会 所属

小杉 晴洋

こすぎ はるひろ

過去の人生で苦労したこと

 高校生の時、父親がリストラに遭いました。生まれて初めて父親の涙を見ました。私の中では尊敬できる父親で、この経験は当時の私にとって納得のいくものではありませんでした。
 奨学金制度の利用や深夜のアルバイトなどでなんとか大学院まで卒業し、司法試験には合格できましたが、高校生の当時抱いた、社会の不条理に対する怒りに似た感情は、いまも弁護士として持っています。
 強者はどちらかと言うと、好きです。ただし、弱者を蹴落とし利権を貪る人間は嫌いです。弁護士として力を得ましたので、こういう不条理と戦っていきたいです。

出身地 横浜市
出身校 中央大学法科大学院
趣味 甥っ子姪っ子と遊ぶこと、one piece、太鼓の達人、麻雀
好きな言葉 強烈な努力

相談者、依頼者に伝えたいこと

 まずは安心してください。
 適切な弁護士が介入すれば、いま置かれている大変な状況から抜け出せます。
 弁護士というのは貴方の代理人です。私は強い味方になります。
 すべてを私に伝えてください。相談者・依頼者の方の望みの実現に向けて努力を怠りません。すべてをお伺いした上で、強みや弱点も踏まえて、戦略を立てます。
 不条理を許しません。
 あるルールに苦しめられているのであれば、そのルールから逃れる術を考えます。そのルールに正当性が無いのであれば、ルール自体を変える戦いをします。
 一緒に、解決への道を歩んでいきましょう。

仕事の中で心がけていること

 相手方弁護士に対しては当たり前ですが、裁判官に対しても勉強で負けてはいけません。当該事件に対する、法解釈・事実認定・証拠収集・各種調査において、常にパーフェクトを目指します。
 あとは、依頼者の方の声を、裁判上や裁判外で、どう法的な主張に入れ込むかという点です。弁護士と言うのは当事者の代理人ですから、依頼者の委任を受けて仕事をします。したがって、一見すると、過去の裁判例に照らし難しいと思われる事案であったとしても、当該裁判例との違いは何か、当該裁判例を変更できないかといった考察を怠らないようにしています。
 そして、このような考察の前提として、依頼者の方の真実の望みを弁護士として把握していなければなりません。ここを誤ると、いかに裁判に勝ったとしても、依頼者の方が納得する紛争解決ではないという可能性も出てきます。
 そこで、何よりもまず「傾聴」を重視します。法律相談時には、まずは依頼者の方のお話を聴くことを1番大事なこととして考えています。

なぜ、サリュは強いのか?
The reason for our strengths

リーガルスタッフシステム
Legal staff system

顧問ドクター
Advisor doctor

元損保弁護士ゆえ
Advantage

最新解決事例
Achievements

フルサポート
Full support

勉強会・研修会
Seminar

生きた解決事例
Case study

依頼者の声
Client's voice

三ツ星コラム
Column

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview