SALUT 弁護士法人サリュ

 

リーガルスタッフ

木野 怜美

きの さとみ

過去の人生で苦労したこと

 これまでの人生で苦労したことは、サリュにいらっしゃるお客様との関わりです。私は、学生時代に学んだ法律の知識を活かしたいと考え、大学を卒業してすぐにサリュに入社しました。
 学生時代に法律を学んだときは、社会がどのようなルールに基づき回っているのか、そのルールがどういう趣旨で作られているのか、世の中にどのような紛争があるのかなどを知ることができ、純粋に楽しいと感じていました。
 しかし、実際に紛争に直面しているお客様にお会いすると、法律がどうあるか、法律で何ができるかということだけでは仕事はできません。
 目の前には生身の人間がいます。紛争に直面し、自分の想像にも及ばないお気持ちを抱えたお客様に、どのような言葉をかけたらいいのか、どうすれば思いを汲み取ることができるのか、どうすればお客様が新しい一歩を踏み出すことができるのか、悩み、考え、思いを巡らす日々です。この点については、これからも引き続き勉強していきたいと思っています。

出身地 兵庫県西宮市
出身校 神戸大学法学部(最終学歴)
趣味 ピアノ
好きな言葉 已後而死

相談者、依頼者に伝えたいこと

 相談者、依頼者に伝えたいことは、「あなたのこと、教えてください」ということです。わたしたちの仕事は、お客様の人生を大きく左右してしまうことも少なくありません。
 そのような重要な局面で、紛争解決を目指すためには、お客様がどのように生きてこられたのか、お客様が何を要望されているのか、それにはどのような背景があるのかなどを教えていただくことが大切です。
 もちろん、話を掘り下げたり、ご要望を汲み取ることはわたしたちの仕事ですが、お客様にも、「こんなこと話してもいいのかな」「こんなこと関係ないかな」などと心配せずに、なんでもお話しいただけると助かります。共に戦っていくために、とても重要なことです。

仕事の中で心がけていること

 わたしは、お客様にとって親しみやすい存在になれるよう心がけています。
 それは、お客様にどんな些細なことでも気兼ねなくお話しいただきたいからです。
 わたしも、入社当初は、お客様に失礼があってはならない、社会人としてきちんと振る舞わなければならないという思いがあり、堅苦しい部分があったと思います。
 しかし、日々お客様と接したり、他の接客業を観察していると、仰々しい尊敬語や丁寧すぎる対応は、逆に冷たい印象を与えてしまったり、距離を作ってしまう部分もあるのだなと感じました。
 当然、言葉使いには注意すべきですが、時には友人のように、時には家族のように、打ち解けた雰囲気でお話しできればいいなと考えています。そのため、日頃より、声のトーン、笑顔、何よりもお客様のお話しをお聞きしたいという気持ちを大切にしています。  

なぜ、サリュは強いのか?
The reason for our strengths

リーガルスタッフシステム
Legal staff system

顧問ドクター
Advisor doctor

元損保弁護士ゆえ
Advantage

最新解決事例
Achievements

フルサポート
Full support

勉強会・研修会
Seminar

生きた解決事例
Case study

依頼者の声
Client's voice

三ツ星コラム
Column

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview