SALUT 弁護士法人サリュ

わかりやすく解説!

交通事故Q&A

治療、後遺障害、保険、示談、損害賠償について疑問をきちんと把握し、
少しでも不安を解消しましょう。

後遺障害 FAQカテゴリ

Q

後遺障害の有無の判断は誰がするのですか。

自賠責等級申請

異議申立、紛争処理機

開く  +閉じる -

A

まず、自賠責保険会社が行います(実際には、損害保険料率算出機構が認定作業をします)。
自賠責保険によって認められない場合は、その結果に対して不服があるとして、調停機関である紛争処理機構に申立をすることができます。
最終的には、相手方に対して裁判を提起し、その中で、後遺障害について主張し、裁判所に認めてもらうことも可能です。ただし、実際上は、裁判所は自賠責の認定に追従することが多くありますから、まずはきちんと自賠責の認定を受けることが大切です。

Q

政府保証事業と自賠責保険の後遺障害等級認定制度の違いを教えてください。

政府保障事業

自賠責保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

政府保障事業と自賠責保険の等級認定制度は同じです。しかし、政府保障事業の認定には、自賠責保険に比し、結果が出るまでに相当な時間がかかります。

Q

加害者請求とは何ですか。

自賠責保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

交通事故の加害者が被害者に対し賠償を行った場合、支払いを行った加害者が、自賠責保険(加害者側)に求償を行う制度です。

Q

自賠責保険において後遺障害等級が認定されました。将来悪化した場合、後遺障害等級が変わることはあるのですか。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

将来悪化した際に、再度、悪化した症状が固定した段階で後遺障害診断書を作成し、自賠責保険に請求を行えば、後遺障害等級が変わることはあります。

Q

自賠責と労災の後遺障害認定の基準は同じですか。

労災保険

自賠責保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

認定基準は基本的には同じですが異なるところもあります。仮に同じ基準の後遺障害であっても、自賠責と労災ではその制度趣旨、審査主体、審査方法が異なるため、現実に認定される後遺障害等級に差異が出ることがあるのには注意が必要です。

Q

私は交通事故で後遺障害が残りましたが、高次脳機能障害で判断能力が減退しています。私自身の名前で申請できるのでしょうか。

高次脳機能障害

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

申請について理解できる能力が失われていない以上、ご自身で申請ができることが原則です。もっとも、ご心配であれば後見申立等の手続き後に申請することも考えられ、後遺障害の申請だけであれば、ご親族等が念書(一切の責任を持つ旨の内容)を添えて申請を行うことが可能です。

Q

私の夫は交通事故で後遺障害を残しましたが、症状固定後、後遺障害の申請をする前に別の原因で死んでしまいました。この場合でも、後遺障害の申請はできるのでしょうか。

死亡事故について

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

相続人から後遺障害の申請を行うことが可能です。但し、お亡くなりになられた原因等の調査が行われる可能性があります。

Q

物損の届け出しか出していないのですが、後遺障害の申請はできますか。

その他-物損

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

申請は可能です。但し、人身事故として届け出ていない理由にもよりますが、後遺障害を認定する上で、「人身事故として届出ない程度の事故」と捉えられる可能性は否定できません。

Q

過去に労災で後遺障害の等級が認定されています。自賠責の後遺障害の認定に影響はありますか。

労災保険

既往症

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

直接の影響はありません。但し、過去に労災で後遺障害として認定された症状等につき、自賠責保険においても「障害」と認定されれば、それは既存障害となります。

Q

加重とは何ですか。

裁判、調停

自賠責保険

既往症

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

既に後遺障害が残存していた人が、さらに交通事故により同部位の障害を重くした場合を指します。

Q

後遺障害等級が認定されたのですが、既存障害として認定された等級に対応する自賠責保険金額から減額された金額が支払われました。争うことはできないでしょうか。

裁判、調停

自賠責保険

既往症

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

自賠責保険に対する異議申立手続において、既存障害はもっと低い、もしくは無いとの争いは可能です。但し、その既存障害が過去に自賠責保険で認定を受けたものである場合は、自賠責で争うことは困難であり、裁判で争うこととなります。

Q

併合のルールを教えて下さい。

自賠責保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

「13級以上の後遺障害が2つ以上残存した場合」一番重い後遺障害等級が1つ繰り上がります。
「8級以上の後遺障害が2つ以上残存した場合」この場合は、一番重い後遺障害等級を2つ繰り上げます。
「5級以上の後遺障害が2つ以上残存した場合」この場合は、一番重い後遺障害等級を3つ繰り上げます。
ただ、これはあくまで基本的なルールであり、併合の結果、等級の認定の序列を乱す場合はこの限りではありません。

Q

14級が2つ認定されたのに、等級が14級のままです。なぜですか。

自賠責保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

自賠責の後遺障害等級は、1つの事故でいくつかの後遺障害が残存した場合、それらの後遺障害等級をどう扱うかが問題となります。その中で、13級以上の後遺障害が2つ以上あるときは、重い方の後遺障害の等級を1級繰り上げると規定されており、逆にこれは14級に該当する後遺障害が2つ以上あったとしても後遺障害等級が繰り上がらないことを意味しています。

Q

前にも後遺障害の等級を獲得しています。今回、別の交通事故に遭ってしまったのですが、改めて後遺障害の申請をすることはできるのでしょうか。

既往症

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

申請自体は可能なのですが、新たな後遺障害が認定されるか否かが問題となります。基本的には次の通り考えられます。
1「同部位に症状が残存した場合」
この場合は、加重障害、つまり、前回認定された後遺障害を上回りかつ前回認定の後遺障害を上回る障害が残存しなければ等級の認定はなされません。例えば、右足首の機能障害で12級が認定されており、重ねて右足首を負傷した場合、結果、12級の後遺障害が残存したとしてもそれは前回認定の後遺障害が残存しているだけとなり、新たな等級は認定されませんが、より重度な障害(この例で言いますと8級や10級の機能障害)が残存した場合は加重障害として認定されます。
2「別部位に症状が残存した場合」
先の例で言いますと、左足首に12級の機能障害が残存していた方が、今回新たに右足首に12級の機能障害が残存した場合は、通常通り後遺障害等級の認定がなされます。

Q

被害者請求をする際、資料を選りすぐって出してもいいでしょうか。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

被害者請求を行った際、自賠責保険においては、被害者請求で提出されていない資料を加害者側任意保険より取寄せることが多々あります(任意保険会社が保有しているものに限りますが)。従いまして、選りすぐって資料を出したとしても、任意保険会社が保管している資料に関しては、結局はそうしなかった場合と同じ結果になる可能性が高いと思われます。
もっとも、どのような資料を自賠責保険が取り寄せるかはブラックボックスであり、被害者請求によることのメリットは一定程度あるといえるでしょう。

Q

後遺障害診断書の内容に誤りがありますが、主治医が訂正に応じてくれません。どうしたらよいでしょうか。

症状固定

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

後遺障害診断書は、必要なことを過不足なく書いてもらうことが重要です。
明らかな誤記であれば、訂正に応じてくれるでしょう。
できれば訂正が必要な後遺障害診断書が出来上がる前に、専門家にアドバイスをもらうことが大切です。

Q

自分で後遺障害の申請(被害者請求)しようと思い、準備をしているのですが、印鑑証明を求められました。実印がありません。どうしたらよいでしょうか。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

被害者請求をする際には、印鑑証明書が必須資料となります。
住所地のある市区町村役場にて実印の登録の手続きを行って下さい。

Q

後遺障害の申請には費用が必要でしょうか。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

実費がかかります。主な項目として、印鑑証明書取付け費用、荷送料があります。

Q

異議申立てには費用が必要でしょうか。

異議申立、紛争処理機

開く  +閉じる -

A

実費がかかります。主な項目として、印鑑証明書取付け費用、荷送料があります。

Q

一回目の後遺障害の申請と、異議申立てをするにあたっての認定機関は同じでしょうか。

自賠責等級申請

異議申立、紛争処理機

開く  +閉じる -

A

異議申立をした際の認定機関は、一回目の後遺障害認定を行った上層機関が審査し、認定します。

Q

異議申立てをしました。結果が出るまでの期間はどれくらいでしょうか。

異議申立、紛争処理機

開く  +閉じる -

A

2~3か月の場合が多いですが、傷病によっては、半年以上要することもあります。

Q

異議申立てと紛争処理機構のそれぞれのメリット、デメリットを教えて下さい。

異議申立、紛争処理機

開く  +閉じる -

A

異議申立のメリット
 ・適切な判断がなされ、認定が覆る可能性があること
 ・何度でも申立ができること
異議申立のデメリット
 ・判断結果の回答があるまで数か月の期間を要すること
紛争処理機構のメリット
 ・適切な判断がなされ、認定が覆る可能性があること
紛争処理機構のデメリット
 ・判断結果の回答があるまで数カ月の期間を要すること
 ・一度きりしか申請できないこと

Q

異議申立て及び紛争処理機構の判断に納得がいきません。諦めなければならないでしょうか。

裁判、調停

異議申立、紛争処理機

開く  +閉じる -

A

諦めず、訴訟を起こしましょう。
ただし、訴訟提起のメリット・デメリットにも充分注意しましょう。

Q

紛争処理機構の判断に対しては再度、争うことができるのでしょうか。

異議申立、紛争処理機

開く  +閉じる -

A

紛争処理への申請は、一度きりしかできません。紛争処理機構の判断に対して納得がいかない場合は、裁判を起こす方法が考えられます。

Q

異議申立ては何回までできるのでしょうか。

時効

異議申立、紛争処理機

開く  +閉じる -

A

何度でもできます。しかし、損害賠償請求権の時効には注意しましょう。

Q

紛争処理機構とは何ですか。

異議申立、紛争処理機

開く  +閉じる -

A

自賠責保険・共済の保険金又は共済金の支払いで、被害者や保険・共済の加入者と保険会社・共済組合との間で生じた紛争に対して、的確な解決を目指して公平な調停を行う機構です。
もっとも、国が運営しているわけではなく、厳密な意味で「公平」といえるかは、疑問と言わざるを得ません。

Q

損害保険料率算出機構とは何ですか。

自賠責保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

損害保険料率算出機構では、料率算出業務、自賠責損害調査業務、政府保障事業損害調査業務、データバンク業務を行っています。
この4つの業務の中で交通事故の被害者の方が最も関係する業務は、自賠責損害調査業務です。
自賠責損害調査業務とは、被害者が、自賠責保険の公平な補償を受けることが出来るよう、損害の調査をし後遺障害の認定を行う業務のことをいいます。
なお、誤解されがちではありますが、国が運営している機関ではありません。

Q

加害者が二人います。どちらの自賠責保険に後遺障害の申請をすればよいのでしょうか。

自賠責保険

加害者

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

二人それぞれの契約している自賠責保険に、後遺障害認定の申請をすることができます。

Q

後遺障害についての損害賠償請求金額は、自賠責保険金額が限度なのでしょうか。

その他-損害額の計算

自賠責保険

任意保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

自賠責保険は、被害者のために最低限度の金額を損害賠償額を補償する制度です。
後遺障害についての損害賠償請求金額は、自賠責保険で賄うことが出来なかった部分については、任意保険に請求することが出来ます。

Q

後遺障害を申請したら、加害者に対する損害賠償請求権も時効は中断するのでしょうか。

時効

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

中断しません。
加害者側に対する損害賠償請求権の時効が中断される場合は、加害者側から損害の一部の支払いがあった場合や、賠償額の提示があった場合となります。

Q

後遺障害等級の別表1と別表2の違いは何ですか。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

別表1と2の違いは、介護を要する後遺障害であるかどうかであり、介護を要する場合は、別表1を使用します。

Q

異議申立ての結果にも納得できません。これ以上争う方法はないのでしょうか。

裁判、調停

異議申立、紛争処理機

開く  +閉じる -

A

紛争処理機構に異議を申し立てることができます。また、裁判で訴える方法もあります。なお、再度異議申立すること自体は禁止されているものではありません。

Q

後遺障害って何ですか。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

交通事故によって受傷した精神的・肉体的な障害が、将来においても回復の見込めない状態となり、交通事故とその症状固定状態との間に相当因果関係が認められ、その存在が医学的に認められるもので、労働能力の喪失を伴うもので、その程度が自賠法施行令の等級に該当するものとされています。

Q

自賠責保険で後遺障害の等級が認定された場合、障害者として扱われるのでしょうか。

その他-その他

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

自賠責で後遺障害の等級が認定された場合でも、障害者として扱われるわけではありません。自賠責保険の後遺障害と身体障害者福祉法の障害とは、障害の内容や程度も違います。

Q

自賠責保険から等級認定された場合、会社で不利益に扱われることはあるのでしょうか。

その他-その他

その他-相手方以外からの補償

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

等級が認定されたことで不利益に扱われることはありません。等級認定を受けた方でも、事故前と同じ会社で働いている方はたくさんいます。もし、不利益な扱いを会社が行った場合は、違法な取り扱いとして損害賠償請求の対象となることが考えられます。

Q

後遺障害の等級とは何ですか。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

労働能力の喪失の程度を表すものです。重いものから順に1級から14級まで分けられています。

Q

身体障害者手帳の等級と自賠責保険の後遺障害の等級の違いはあるのでしょうか。

その他-相手方以外からの補償

健康保険、介護保険、失業保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

身体障害者手帳の等級は1級から6級で、自賠責保険の後遺障害は1級から14級まであります。障害の内容や程度も異なりますので、両者の等級が異なることは一般的です。

Q

自賠責保険から後遺障害の認定が返ってきましたが納得できません。どうすれば良いですか。

その他-損害額の計算

自賠責等級申請

異議申立、紛争処理機

開く  +閉じる -

A

もう1度審査してもらうよう、自賠責に対して異議申立をする方法が一般的です。他にも、紛争処理機構への申立てをすることや、訴訟を提起して後遺障害による損害賠償請求をすることが考えられます。

Q

労災と自賠責の両方から後遺障害の等級が認定されました。労災が認定されない場合と比べて、今後の損害賠償請求の額に影響はありますか。

労災保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

労災の後遺障害が認定されたことにより、金銭の支給があった場合、その費目にもよりますが損害賠償額から支給金の分が引かれてしまうことがあります。ちなみに、自賠責と労災が異なる等級を出してきた場合、保険会社も裁判所も自賠責の等級を重視することになります。

Q

労災と自賠責の等級申請、どちらを先行したほうが良いですか。

労災保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

法律上、定めはなく、特にどちらでも構いません。ただし、自賠責は症状固定から3年、労災は症状固定から5年で時効にかかります。

Q

人身傷害保険を使って治療していました。このような場合でも後遺障害の申請はできるのでしょうか。

人身傷害保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

できます。この場合、人身傷害保険の保険会社に資料を渡す方法(事前認定)を使うか、直接、加害者の自賠責保険に請求する方法(被害者請求)で申請をすることになります。

Q

労災と自賠責と同時に後遺障害の申請ができるのですか。

労災保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

労災にも自賠責にも画像を提出する必要があります。そのため、画像をそれぞれに用意できれば、同時に申請することは可能です。

Q

労災で後遺障害の等級が認定されました。自賠責でも同じ等級が出ますか。

労災保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

労災と自賠責は同じ基準を使って後遺障害の認定をしています。しかし、認定する機関が異なり、着目する要素も異なります。そのため、同じ等級が出るとは限りません。

Q

後遺障害の申請から結果が出るまでの期間を教えて下さい。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

概ね2か月です。ただし、調査事務所が医療機関へ医療照会を行う場合は、医療機関からの回答を待って審査しますので、医療機関からの回答が遅くなればその分結果が出るまで時間がのびます。また、事案によっては結果が出るまで3か月以上要することもあります。

Q

行政書士も後遺障害の申請をしてくれると聞きました。弁護士と行政書士、どちらに頼む方が良いのでしょうか。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

弁護士でも行政書士でもどちらでも良いと思います。ただ、行政書士は賠償交渉はできませんので、賠償交渉までお考えの場合は、その点を考慮して頼まれると良いと思います。

Q

弁護士に頼むことによって、後遺障害認定上、有利になりますか。

弁護士

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

きちんとした後遺障害診断書を書いて頂くようにサポートすることで、等級認定を受けやすくなる可能性はあります。また、被害者請求の形で認定を得るため、資料を精査することができます。

Q

後遺障害を被害者請求で申請しようと思います。どのような書類を揃えなければなりませんか。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

交通事故証明書や医療機関の診断書、診療報酬明細書、後遺障害診断書等が必要になります。

Q

身体がまだ痛いのですが、症状固定しなければならないのでしょうか。

症状固定

開く  +閉じる -

A

受傷内容と症状経過、治療期間によります。
通常、頚椎捻挫等の神経症状の場合、適切な治療を半年程度受けても症状が後遺しているのであれば、症状固定をし、後遺障害の認定を受けるべきでしょう。
症状改善のために治療を受けたにもかかわらず、残っている症状がまさに、後遺障害だからです。
ただ、この残った症状が、自賠責保険の規定する後遺障害等級に該当するかどうかは、後遺障害認定を受けなければなりません。
認定手続をすすめるに際しては、Q138記載内容も参考にしてください。

Q

ほとんど症状はなくなったのですが、後遺障害の申請は必要でしょうか。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

交通事故後間もない時期に、症状が完全に消失した(完治した)ということであれば、申請をしないことも考えられなくはありません。
しかし、半年程度治療をされ、症状が残存されたのであれば、申請をし認定を受けることをおすすめします。
なかには、症状固定時に症状が軽くなったので申請を見送ったものの、何ヶ月か経過してから、やはり違和感が取れなかったため改めて申請しようとしたものの、症状固定日からの期間があきすぎているため医師が後遺障害診断書を作成してくれなかった、という例もあります。症状固定を迎えられたら、速やかに後遺障害診断書を作成するようにしてください。

Q

後遺障害の申請をする際のポイントを教えて下さい。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

一番のポイントは、後遺障害診断書の作成です。
一般的に、医師は治療の専門家であり、その後本格化する賠償の問題についてはあまり興味がありません。後遺障害診断書の作成についても、賠償上重要なものであるとの認識を持たれている医師は多くありません。
一方、自賠責(損害保険料率算出機構)は、後遺障害診断書、経過診断書等の書面及び画像のみによって等級の認定を行いますから、無頓着に作成された後遺障害診断書をそのまま申請に使用してしまうと、妥当な等級が得られず、納得できない結論になってしまいます。
ですから、医師に任せっきりにせず、認定上重要と思われる事項を踏まえて、適切に作成していただくことが大切です。
サリュには、残ってしまった症状についてどう記載するのが認定上効果的か、という点について、これまでの経験から蓄積したノウハウがあります。
後遺障害診断書の作成前(症状固定前)に、ご依頼されることをおすすめします。

Q

保険会社から治療費を打ち切られました。そのことにより症状固定の診断を受けなければならないのでしょうか。

治療費

症状固定

開く  +閉じる -

A

治療費の打切り=症状固定ではありません。
症状固定とは、治療をしても良くも悪くもならない状態であり、保険会社の治療費の支払(一括対応)期間と一致するものではありません。
症状固定の判断は、医学的には、お客様の症状を見て、医師が判断するものです。
打切りの時期にもよりますが、その時点での症状、医師の見解等を踏まえ、自費にて通院を継続するかどうか検討してください。
(保険会社は医療照会によりあなたの症状の経過を見たうえで判断している可能性もありますから、よく医師に確認してください。)

Q

自賠責の人は直接私に会って後遺障害の有無を判断するのですか。

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

自賠責保険会社・損害保険料率算出機構の人が被害者に直接会うことはありません(ただし、醜状障害の面接は除きます)。逆に言うと、書面の内容の是非で後遺障害認定の結果を大きく左右することになります。

Q

労災の症状固定の時期と自賠責の症状固定の時期は、違っても良いのですか。

労災保険

症状固定

開く  +閉じる -

A

違ってもかまいません。ただ、損害賠償請求をする際は、裁判所がどちらかの症状固定日を認定することになると思われます。

Q

労災保険で治療していましたが、自賠責保険に後遺障害の申請はできますか。

労災保険

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

はい、可能です。もっとも、どちらの保険も同一の後遺障害の基準をつかっていますが制度自体が異なるため、労災保険の認定と自賠責保険の認定が異なることは稀にあります。

Q

症状固定と診断された後も病院に行ってもいいのですか。

治療費

入院、通院

症状固定

開く  +閉じる -

A

行っていただいてかまいません。
症状固定後の治療費に関しては、原則として相手方から回収することはできませんが、後遺障害の残存を立証するためなどに必要となることもあるので、領収証はきちんと保管しておいてください。

Q

後遺障害診断書はどこに行けばもらえますか。

症状固定

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

後遺障害診断書の書式は、保険会社に連絡すれば送ってもらえます。
サリュに御依頼済の方は、弊事務所からお送りいたします。

Q

後遺障害の申請の種類が2種類あると聞きました。違いを教えて下さい。また、どちらの方が良いですか。

症状固定

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

相手方の任意保険会社を通じて行う「事前認定」と、被害者が自賠責保険会社に対し直接請求する「被害者請求」という方法があります。
被害者請求のメリットは、後遺障害診断書等の重要な書類について相手方である任意保険会社の手を通さず、被害者側でコントロールできることが一番の大きな点です。このため弁護士法人サリュでは、後遺障害の申請の際は、基本的に全件被害者請求で行うこととしています。一方、デメリットとしては、レントゲン、MRI等の画像を含めた必要書類を全て被害者側で取り付ける必要があるため、手間がかかるという点が挙げられます。

Q

症状固定の判断は誰がするのですか。

症状固定

開く  +閉じる -

A

医学上の判断としては、医師がお客様の症状を見て、判断します。ただ、一括対応に応じる期間の判断は、保険会社がしますので、治療期間の判断はまず保険会社が一方的に行ってくるという事実もあります。その後、適切な治療期間はいつまでかを争う中で、最終的には裁判所が症状固定日を判断することになります。

Q

事故から3ヶ月経ったので、そろそろ症状固定と保険会社に言われました。これで固定しなければならないのでしょうか。

症状固定

開く  +閉じる -

A

Q122のとおり、症状固定は治療をしても良くも悪くもならない状態のことを指します。
3ヶ月経過したからといって症状固定しなければならないということではありません。
症状が続いているのであれば、医師と相談のうえ、治療を継続することをおすすめします。

Q

症状固定後は治療費をみてくれないと聞きましたが、保険会社から後遺障害診断書を書くように言われました。書いてもらわなければならないのですか。

後遺障害

治療中の問題

治療費

症状固定

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

通常、症状固定後の治療費は相手方に請求することはできません(一部の重度後遺障害を除きます)。
治療費は支払われませんが、後遺障害が認定されると、後遺障害慰謝料、逸失利益を加害者に請求することができます。これらの費目は、傷害慰謝料と並んで賠償金の費目の中でも大きなものですし、今後の治療費に充てることもできます。そういった意味でも等級の認定を受けることは大切ですから、是非医師に後遺障害診断書を作成していただいてください。

もっとも、症状固定日のタイミングが適切か否かはしっかり見極めましょう。

Q

健康保険で通っていたから後遺障害診断書は書けないと言われました。本当ですか。

健康保険、介護保険、失業保険

症状固定

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

ほとんどの医師は、健保を利用していても後遺障害診断書の作成に対応してくださいます。
しかし、自賠責保険ではないから、という理由で作成を拒否される医師も極々一部にはいらっしゃいます。
医師向けに作成されている交通事故被害者への治療・対応に関する書籍でもそのような記載があることは確認しています。
いずれにしても、等級認定を受けるためには必要なものですから、医師にお願いして作成していただくことが肝要です。

Q

ドクターが後遺障害診断書を書いてくれません。どうすれば良いですか。

後遺障害

症状固定

自賠責等級申請

開く  +閉じる -

A

後遺障害診断書が作成されなければ、等級認定を受けられず、正当な賠償を受けることも難しくなり、著しい不利益を被ることになってしまいます。この点を医師に説明のうえ、協力を仰いでみてください。
交通事故で被った損害の正当な賠償を受けるためにも、相当な期間、治療を受けた後に、まだ症状が残っているのであれば、なんとしても作成していただきたいところです。

Q

保険会社は症状固定と主張して治療費打ち切りを言っているのですが、ドクターはまだ治療しないといけないと言っています。ドクターの指示に従い、自費で治療を続けた方が良いですか。

後遺障害

治療中の問題

治療費

症状固定

開く  +閉じる -

A

症状固定の判断を行うのは主治医であり、保険会社ではありません。
治療を続けるかどうかは、その時点での治療期間、医師の意見等により判断が異なります。ただし、
仮にお客様のお怪我が頚椎捻挫等の場合で、治療期間が半年に満たない場合は、後遺障害認定を視野に入れて、症状が残っているのであれば、主治医と相談のうえ半年間は通院した方が良いでしょう。
その場合の治療費用は一旦自費で立替えていただくことになります。
健保を使うか自由診療とするかは、時期、自賠責の傷害枠の残りがいくらあるか、お客様の経済状況等にもよりますので、担当弁護士、スタッフとよくご相談なさってください。

Q

症状固定とは何ですか。

後遺障害

症状固定

開く  +閉じる -

A

症状固定とは、傷病の症状が安定し、医学上一般に認められた治療を行っても、その医療効果(傷病の回復・改善)が期待できなくなった状態を言います。そのため、傷病の症状が投薬、理学療法等の治療により一時的な回復がみられるに過ぎない場合など、症状が残存している場合であっても、医療効果が期待できないと判断される場合は症状固定と判断されることになります。

つまり、簡単にいうならば、これ以上治療を続けても、良くも悪くもならないという時点をいいます。
医学上の概念ではなく、あくまでも法的な概念です。損害賠償上は、原則として症状固定日までの治療費が因果関係の範囲内となることになります。

交通事故で泣かないために
So as not to regret

ムチ打ちや治療中の人も
In Any Case

今、どんなことで
困ってますか

Solution

交通事故解決のポイント
Point

死亡・重度傷害で納得の
いかない方へ

I'm not convinced

正当な請求を
Legitimate claim

プロの解説
Explanation

交通事故 最新Q&A
Q&A