SALUT 弁護士法人サリュ

最新解決事例

このサイトに記載の解決事例は一例です。お客様のご状況により、
一部の条件が同様でも、違う解決になる場合があります。

 Nさんは、トンネル内を走行中、逆走してきた加害車両と衝突し、外傷性頚部症候群、腰椎捻挫の傷害を負いました。
 Nさんは、頚部痛、上肢のしびれ、腰部痛、下肢のしびれ等で約7ヶ月通院しましたが、症状固定時点においても、これらの症状を残しました。
 これら残存症状について、後遺障害等級認定申請を行いましたが、最初の被害者請求の結果は、非該当でした。Nさんからは、事故の衝撃がかなり強かったこと、車両の損害が大きかったことを伺っていたため、サリュとしては、納得のいく結果ではありませんでした。
 そこで、サリュは、物損状況の確認のために実況見分調書をとりつけ、症状の確認のために診療録(カルテ)をとりつけ、後遺障害等級認定の異議申立てを行い、事故態様の大きさ、自覚症状の一貫性を主張しました。また、顧問医に相談し、画像所見についても指摘することで、本人の自覚症状の裏付け作業を行いました。
 その結果、外傷性頚部症候群由来の残存症状及び腰部捻挫由来の症状それぞれに、後遺障害等級14級9号を獲得することができました。
 その後の賠償請求においても、残存症状がもたらす仕事への支障などを主張し、Nさんにもご納得いただける解決に至りました。

 
 Bさんは、歩行中に自動車に衝突され、右脛骨の高原骨折の傷害を負われました。
 大きなお怪我をされたBさんに対して、相手方保険会社はいまだ治療中でどれほど治るか分からないにもかかわらず、最終的に約75万円のお支払いになる見込みと伝えるなど、誠意ある対応をしませんでした。
 サリュが受任後、後遺障害認定申請をしたところ、右膝の痛みについて14級9号が認定されました。サリュは、Bさんのお怪我の状況からすれば、妥当な等級ではないと判断し、顧問医の協力の下、MRIの撮影やCT画像の見直しを行いました。その結果、後遺障害認定を行う自賠責調査事務所が見落とした骨折痕を見つけました。
 サリュは、即座に異議申立のお手続きを行い、骨折痕について指摘しました。結果、Bさんは右膝の可動域制限について12級7号の等級を獲得することができました。
 サリュがその後示談交渉を行ったところ、適切な後遺障害等級の認定により、最終的にBさんの賠償金は約1100万円となりました。
 
 Oさん(60代男性)は、運転していた車が渋滞で停止中に追突事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫などの傷害を負われました。
 その後、Oさんは約7ヶ月の治療を続けましたが、頚椎、腰椎の疼痛及び右上肢と両下肢のしびれの症状が残存したため、サリュは、自賠責保険に対し、被害者請求による後遺障害等級の申請をし、14級9号が認定されました。
 Oさんは一人会社を経営しており、事故の影響により営業ができなくなったことから、収入が大きく減っていました。
 しかし、申告上は、Oさんが会社に事業所を貸し、会社がOさんに賃料を支払うという形態をとっていたため、Oさん自身の収入の減少を証明する資料がほとんどありませんでした。
 そこで、サリュは、Oさんの仕事上の契約先からの報酬が振り込まれる通帳を送っていただき、事故以前の年間の収入および事故後の収入を割り出しました。そして、事故以前の収入を基にして、通院日数分の休業損害及び将来の逸失利益を計算し、保険会社との示談交渉に臨みました。
 最終的に、休業損害については請求額の半分、逸失利益については請求額満額を、示談交渉により獲得することができました。
 

 Aさんは、自転車で交差点を横断中に相手方車両から衝突をうけ、右上腕骨を骨折し、3週間の入院と10か月の通院を余儀なくされました。治療終了後も、Aさんの右肩には可動域制限が残り、日常生活にも不便を強いられておられました。
 サリュにご相談される前、相手保険会社からAさんに提示された賠償金は、約68万円でした。
 サリュでの法律相談の際に、後遺障害申請の有無を確認させていただくと、驚くことに、Aさんは相手方の保険会社からそのような手続きの案内自体受けたことがないと仰いました。
 受任後、サリュでは即座に後遺障害申請を行い、Aさんには10級10号の認定がなされました。
 この後遺障害等級を前提に、サリュが相手方の保険会社と示談交渉をした結果、当初の提示額の約10倍となる661万円での示談に至り、Aさんは十分な賠償を受けられることができました。

 
 Tさん(60代女性)は、丁字路交差点を横断中に自転車にぶつかられ、右脛骨骨折の怪我をされました。通勤中の事故だったため、Tさんは労災を利用して治療を受けていらっしゃいました。1年ほどの治療を経て、残った後遺障害の認定を労災に申請してみたところ、12級という等級が認められ、相手方任意保険より、等級に基づいた示談案の提示がありました。Tさんは、この金額が妥当なのか専門家に聞いてみたいと、サリュにお問い合わせくださいました。
 サリュは相手方任意保険が示した示談案を精査し、提案額よりも500万円程度上がる可能性があるとTさんに説明しました。示談案では、後遺障害による逸失利益が低い基礎額から算定されており、家事従事者(兼業主婦)であるTさんの実情と異なっていたためです。
 Tさんはその金額に驚かれ、やはり交渉はプロに任せた方がいいと、サリュに依頼することを決心されました。サリュは、すぐに相手方任意保険に受任通知を出し、資料を迅速に収集するとともに、Tさんのお仕事などを詳しく聞き取り、相手方任意保険に仕事への影響などを丁寧に示していきました。
 相手方任意保険はサリュからの請求を大幅に認め、当初Tさんに説明していた通り、示談額を500万円ほど増額させることに成功いたしました。
 
 Tさんは、サリュに依頼したことで、示談額が大幅に増額したこと、そして何より4ヶ月ほどの短時間で解決に至ることができたことを大変喜んでくださいました。
 

なぜ、サリュは強いのか?
The reason for our strengths

リーガルスタッフシステム
Legal staff system

顧問ドクター
Advisor doctor

元損保弁護士ゆえ
Advantage

最新解決事例
Achievements

フルサポート
Full support

勉強会・研修会
Seminar

生きた解決事例
Case study

依頼者の声
Client's voice

三ツ星コラム
Column

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview