SALUT 弁護士法人サリュ

最新解決事例

事例288:10歳の『時間』は戻らない。だからこそきちんと評価を。

非該当から14級を認定 / 首(頸) / 若年者 /

2016.03.02

10歳のK君の楽しいはずの時間は、交通事故によって奪われました。
友達と楽しむプールの授業も放課後に友達と駆け回って遊ぶ時間も。
K君は母親のAさんが運転する車の助手席に乗って出かけていた際に、不注意に飛び出してきた車との出合い頭衝突による事故に遭いました。 
そんなお二人がサリュに相談に来られたきっかけは、保険会社の不誠実な対応に対する憤りでした。遊びたい気持ちもおさえて誠実に通院を続けていたK君とAさんに対し、保険会社は一方的に治療費の打切りを通告してきたのです。
サリュでは、お二人から治療費の支払いが打ち切られたとしても、痛みが治るまで治療を続けたいという意向を受け、治療期間中のサポートとその後の後遺障害の認定を見据えたアドバイスを続けました。 
お二人は半年以上通院したものの頚部痛が治らず、自賠責保険に後遺障害の認定を求めて手続をすることにしましたが、回答は「後遺障害には該当しない」というものでした。
後遺障害の認定結果を受けて、サリュは考えました。
10歳という年齢が後遺障害認定の判断を左右してはいないのか。若年者であるから身体の変性も少なく、回復力もあり、後遺障害は残存しにくい、といった先入観で結論付けられていないのだろうかと。
実際、認定理由においては、年齢について触れられていないものの、後遺障害の認定基準は非公開であり、判断過程はブラックボックスです。
認定理由が見えてこないからこそ諦めるわけにはいかない。後遺障害が残っていることを丁寧に説明することが必要だと考えました。
サリュでは、症状固定までの通院状況だけでなく、症状固定後も辛抱強く通院を続けていることや学校生活における支障が生じていることを具体的に説明することで、10歳の大事な時間が犠牲となっていることを正しく評価してもらおうと、異議申立をしました。
その甲斐あってか、お二人とも14級9号の後遺障害を獲得することができ、保険会社ともそれぞれ適正な額で示談することができました。
K君の『時間』が等級獲得という形で評価されたとはいえ、K君の10歳の時間は戻りません。
それでもサリュは、交通事故によって奪われたものを、少しでも取り戻すお手伝いをしていきます。

 

事例287:異議申立てで、ムチウチ12級認定!

14級から12級を認定 / 首(頸) /

2016.03.02

Pさん(女性・40代)は、横断歩道を歩いていたところ、自動車にひかれました。この交通事故によって、Pさんは首などの怪我をし、通院を余儀なくされました。
Pさんは、交通事故から半年以上通院したものの、症状固定時に、首の痛みや手足のシビレといった症状が残ったため、後遺障害の申請をすることにしました。
1度目の結果は、画像所見が無いことなどを理由に、14級9号の認定。
しかし、サリュでは、顧問医とともにPさんの通院資料を分析した結果、14級9号ではなく、12級13号が妥当な等級だと判断し、12級13号の認定を目指して異議申立てをすることにしました。
異議申立ての結果は、12級13号。異議申立書の内容が認められ、認定を覆すことが出来ました。
一般的に、ムチウチで12級の認定を出すことは難しいと言われていますが、サリュでは、過去の認定結果を分析し、12級の認定を受けるためのノウハウを集積しています。
サリュは、難しい目標でも簡単には諦めず、今までの経験をもとに、実現に向けて頑張ります。

 

事例286:最後まで諦めない強気の交渉により200万円の提示に対し1380万円の賠償金を獲得!

逸失利益 / 頭部(脳) /

2016.03.02

Nさん(女性・42歳)は、原付バイクを運転していたところ、乗用車に側面衝突され転倒して、外傷性くも膜下出血を受傷し、歯を5本喪失しました。Nさんは、頭痛、集中力低下、記憶障害、歯の痛み、咀嚼障害などの症状を発症し、1年以上もの長期間にわたり治療を続けたものの症状は改善しなかったため、サリュは、Nさんの残存症状につき後遺障害の申請を行いました。その結果、頭痛の障害で12級、歯の喪失(それによりインプラント治療を余儀なくされた)で12級、併合11級が認定されたのですが、咀嚼障害は非該当でした。
Nさんにとって、咀嚼障害は日常生活上大きな支障をきたしていました。また、Nさんは、外国の方で日本語が片言なので、主治医に自覚症状をうまく伝えることができず、主治医の言うことも正確に理解することが難しかったこともあり、Nさんの認識では9本の歯にインプラント治療を行ったとのことでした。そこでサリュは、認定された等級が妥当かどうかを検討し、歯科医の主治医へ面談に行き、主治医に話を聞くと、喪失してインプラント治療を行った歯は5本で正しいことがわかり、また、咀嚼障害の原因についても、交通事故との因果関係を医学的に説明することは難しいということがわかりました。サリュは、Nさんにそのことを伝え、悔しさは残るがこの等級を前提に示談交渉を行うことになりました。
示談交渉において、相手保険会社から提示された賠償金額は200万円というあまりにも低いものでした。その内容は、主な損害費目の金額はすべて裁判基準の7割まで減額し、特に逸失利益については、頭痛の障害の労働能力喪失期間は、67歳まで認められるところ5年(5年で労務に影響しない程度まで治るという意味)で計算され、歯の障害については、一般的に逸失利益性が否定されることもあり、「労務に影響しない」の一言で逸失利益性を否定するというものでした。当然、Nさんの納得のいく金額ではありませんでしたので、サリュは、損害額を裁判基準で計算し、1000万円を超える金額を相手保険会社に請求しました。すると相手保険会社は「金額が乖離しすぎており、和解案を提案できないので法的手続を行ってほしい」と回答するなど、まったく歩み寄りの姿勢がみられませんでした。
それでもサリュは、粘り強く、強気で交渉を続けました。なぜならサリュの主張は、医学的にも賠償実務上もまったく正当なものだと確信していたからです。Nさんの後遺症のうち、頭痛の障害は、脳萎縮が画像上明らかに認められ他覚的所見により裏付けられる障害であるため、逸失利益における労働能力喪失期間は原則どおり67歳まで認められるべきである、また、歯の障害についても、一般的には逸失利益性は否定されるが、Nさんの場合は、歯髄炎を生じるほどの外傷を受け、現在も歯茎の痛みに悩まされ続けているため労務への支障は大きく、逸失利益性は認められるべきである、という主張です。
5カ月以上も示談交渉を続けた結果、相手保険会社はサリュの主張を認めざるを得ず、最終的に1050万円、自賠責保険金を含め1380万円という金額で示談がまとまり、Nさんも大変満足してくださいました。サリュは、最後まで諦めず決して引くことなく交渉し、依頼者が納得のいく適正な賠償金を獲得できるよう全力でお手伝いをさせていただきます。

 

事例285:入院は本当にそこまで必要だった?医師面談で必要性を立証し、示談交渉で3500万円獲得。

高次脳機能障害 /

2016.03.02

Dさん(事故時10代男性)は、仕事帰りにバイクで帰宅していたところ、前方を走っていた車が落としたスペアタイヤに乗り上げてしまい、頭部を強打しました。Dさんは意識のないまま病院に運ばれ、高次脳機能障害と診断されました。
Dさんの家族は、Dさんにどのような後遺障害が残るか予想できず、保険会社とのやり取りに不安を感じ、サリュに相談に来られました。依頼を受けてすぐにサリュはDさんが入院する病院に面会に行きましたが、その時のDさんは意識も不明瞭で、自身が交通事故に遭ったこともわからないような状態でした。
Dさんの意識がはっきりしてきたのは交通事故から半年近く経ってからで、退院後は医師の勧めや親族の希望もあって近隣のリハビリ施設に転院しました。ところが、保険会社は「半年も入院が必要だったのか?施設への入居も本当に必要なのか?すぐにでも退院すべきでは?」と、Dさんの治療方針に否定的な態度を示しました。
そこで、サリュはDさんの主治医に面談を申込み、Dさんの入院期間は必要相当なものであり、また、施設への入所も高次脳機能障害のリハビリのためには有用であったという意見を取り付けました。
その後、Dさんは注意力や記憶力の著しい低下等の症状を残したまま症状固定となり、サリュで作成のサポートをした後遺障害診断書を基に被害者請求を行った結果、7級4号が認定されました。
認定された等級を基に保険会社との示談交渉を行ったところ、保険会社は入院期間の相当性等を争ってきました。
サリュはDさんの主治医の意見を基に、Dさんの意識障害の期間が長く、意識が戻って以降も感情の起伏が激しく、暴れる等の状態が続いていたため精神薬の投与が必要であったこと等からDさんの入院や転院は治療に必要であった、と粘り強く交渉を行いました。
最終的には、保険会社はサリュの主張を認め、Dさんの入通院期間は症状固定日までの間であるとして、過失相殺はされてしまったものの、最終支払額を3500万円とする示談が成立しました。
Dさんからは、「自分一人ではここまでできなかったと思います。本当にお世話になりました。」とのお言葉を頂きました。

 

事例284:自殺は交通事故とは何の関係もない?裁判で交通事故と自殺との因果関係が認められた。

高次脳機能障害 /

2016.03.02

Eさん(70代女性)は、日課の散歩をしている時に、突然後退してきた大型トラックに轢かれ、救急車で病院に運ばれました。診断の結果、Eさんは頭蓋骨骨折、脳挫傷、両足骨折等の複数の怪我を負い、しばらく入院せざるを得ませんでした。その後、Eさんは退院しましたが、徐々に気分が塞ぎ込むようになってしまい、病院への通院以外に外出をすることもなくなってしまいました。そして、Eさんは突然自宅マンションから飛び降りて亡くなってしまいました。
残されたEさんのお子さんは、「母がどうして自殺しないといけなかったのか。交通事故さえなければ母は自殺しなくて済んだのに。」という語りつくせない無念を抱えておられました。
そのような辛い状況に追い打ちをかけるように、加害者の任意保険会社はEさんのお子さんに対して、「Eさんの自殺は交通事故とは何の関係もないので、支払いができるのは今まで通院された分に対応する治療費と慰謝料のみで100万円程です。」という非情な連絡をしてきました。
サリュは、Eさんが入通院を行っていた病院の主治医と面談し、Eさんが交通事故で頭部外傷による高次脳機能障害を発症した後でうつ状態に陥り、自殺を図ったのであるから、Eさんの自殺は交通事故によるものである、との意見を取り付けました。
主治医の意見を基に加害者の任意保険会社と交渉を行いましたが、保険会社は交通事故とEさんの自殺との関係を否定するという態度を崩しませんでした。Eさんは交通事故に遭う前は社交的で社会活動にも積極的に取り組んでいました。また、野球が大好きでテレビを欠かさず見ていました。ところが、交通事故に遭ってからは人が変わったように外出を拒むようになり、あんなに好きだった野球の試合も一切見なくなってしまいました。また、Eさんは自殺の前によく「元の体に戻してほしい。」という発言を繰り返していたそうです。
そんなEさんの自殺が交通事故と何の関係もない訳がない。サリュはEさんのお子さんと協力して加害者を相手に訴訟を提起しました。
裁判になっても、加害者はEさんの自殺と交通事故の関係を強行に否定してきましたが、サリュはEさんのお子さんに交通事故前後のEさんの生活状況を細かく聴取し、事故がなければEさんはうつになって自殺することはなく、今も元気に生活していただろうということを主張しました。主張にあたって、サリュは様々な文献の内容を踏まえ、交通事故によってEさんが高次脳機能障害を発症してうつ状態に陥り、自殺に至ったことは医学的にも十分に説明が可能である旨を粘り強く主張し続けました。
その結果、過失相殺等はされたものの裁判所からは、交通事故との因果関係を認めた約1500万円の支払いを認める和解案が出て、和解が成立しました。
Eさんのお子さんからは、「母の自殺が交通事故によるものだと認められて、これで母の無念が少しでも張らせたのかなと思います。」とのお言葉を頂きました。

 

事例283:右鎖骨変形で12級5号認定後、保険会社提示額の2.6倍の金額で示談成立!

肩(鎖骨) / 逸失利益 /

2016.03.02

Hさん(男性・65歳)は、自動車を運転中、十字路交差点に差し掛かり青信号を確認の上、直進しようとしたところ、赤信号を無視して交差点内に進入してきた加害者運転の自動車に衝突され、その勢いで沿道にあったアパートの外壁に突っ込むという、大きな交通事故に遭遇しました。
その際、Hさんは、右鎖骨骨幹部骨折を受傷し、整形外科での治療・リハビリテーションを余儀なくされ、また、仕事も約5か月にわたって休業しなければならないことになり、生活もかなり厳しい状況に陥りました。
治療は、1年2か月という長期間に及びましたが、右鎖骨の変形とその周辺の痛みが残存していたため、医師から「症状固定」との診断を受けました。医師に後遺障害診断書を作成してもらい、保険会社の担当者が勧めてきた後遺障害等級に関する「事前認定」という手続きを経て、後遺障害等級12級5号が認定されました。
その後、保険会社からは「224万円ならば支払える」という話を聴いたため、その金額が妥当なものであるかを確認すべく、サリュの無料法律相談に行ってみることにしました。
実際に相談へ行ってみると、224万円というのは後遺障害等級12級が認定された被害者であれば、自賠責保険から支払われる最低保障金額であることを聞き、必ずしも適正な賠償額ではないという説明を受けました。弁護士が交渉していくことで、適正な賠償額で示談できる確率が高くなることを知ったHさんは、サリュに依頼することにしました。
サリュでは、これまでのHさんの治療経過・収入状況・日常生活の支障の程度等に関する資料を収集し、それぞれ精緻に分析を行いました。それらの分析結果をもとに保険会社との示談交渉を進めました。一般に、Hさんのように変形障害が残存した被害者の場合には、後遺障害逸失利益が争点となることが多く、交渉が長期化する可能性が高いです。サリュでは、この点を予測した上で、万全を期すための資料分析を行ったことから、保険会社との交渉も比較的スムーズに進み、短期間での示談成立を実現することができました。
最終的には、600万円(自賠責保険金224万円を含む)という、保険会社からの当初提示額の約2.6倍の金額で示談成立となりました。Hさんは金額の大きさに驚かれるとともに、大変に喜んでおられました。
交通事故の賠償を受けるにあたって、保険会社からの提示額が必ずしも適正なものであるとは限りません。保険会社の社内基準に従って計算されていることが大半です。このことを知らずに示談に応じてしまう被害者が多くおられるのが実情です。
サリュでは、交通事故の被害者の方々に、より適正な賠償を受けていただきたいと考えます。そのために最大限のお手伝いをさせていただく所存です。

 

事例282:弁護士を入れたことで賠償金が7倍に!

顔(眼・耳・鼻・口・顎) / 醜状痕 /

2016.03.02

Yさん(67歳・女性)は、買い物からの帰宅途中、信号のない交差点で、右方から来た自転車と衝突し、顔面多発骨折の大怪我を負いました。
加害者の勤務する会社の保険で対応するとの話で、当初はYさんのご主人が窓口となって交渉していました。加害者側は弁護士を入れ、のらりくらりと対応をしてきたため、告訴期間が経過してしまいました。
自転車事故では、自動車事故と異なり、告訴しないと刑事事件になりません。そして、告訴には告訴できる期限があります。このため、Yさんは、加害者に刑事罰を求めることが出来なくなってしまったのです。
また、治療期間中に加害者側の関係者がYさんのお怪我を見に来ることは一度もありませんでした。
Yさんは、告訴期間経過直後に加害者側弁護士から30万の提示を受けました。しかし、納得できず、Yさんのご主人が交渉したところ、60万の提示を受けました。Yさんは、最初の提示額からは倍増しているため、示談しようかと迷いました。
しかし、当初から加害者側の対応に納得していなかったYさんは、提示された金額にも疑問を持ったため、娘様と一緒にサリュに来られました。
サリュは、法律相談の席上、Yさんのお顔に醜状痕を認めたため、まず主治医に後遺障害診断書を作成してもらうこと、その際どのような記載をしてもらわなければならないかについてアドバイスしました。そしてYさんのお顔の醜状痕が、12級相当であることを加害者側に認めさせていくという方針を提案しました。
まず、主治医の先生に後遺障害診断書を作成していただき、顔に醜状障痕が残ってしまっていることを書いていただきました。
同時に、警察に問い合わせをしたところ、加害者の処分は保留状態となっていることがわかりました。警察の配慮もあり、検察庁へ書類が送付され、なんとか刑事記録をとることが出来ました。この刑事記録により、事故状況などが明らかになり、Yさんに過失がないことも明らかになりました。
今回の交通事故は相手が自転車であることから、自賠責保険がありませんでした。しかし、加害者の会社の保険が使えるという特殊なケースでありました。そのため、サリュは加害者側弁護士と交渉し、Yさんのお顔の傷を加害者側弁護士および加害者側保険会社の担当者にみてもらうことになりました。
サリュの事務所で面接を行い、加害者側弁護士および加害者側保険会社の担当者もYさんのお顔の傷が大きいことを認めました。
Yさんのお顔の傷が自賠責保険の後遺障害等級12級相当であることを前提に、賠償金額の交渉を行いました。
その結果、414万円で示談が成立しました。
Yさんは、サリュに頼んで本当に良かった、サリュのおかげで、加害者側の関係者にきちんと顔の傷もみてもらえたうえに、正当な賠償金が得られたと大変満足されていました。弁護士を入れることにより非常に満足できる解決ができたとおっしゃっていました。
相手に弁護士がついて、ご本人ではどうにもならないようなときでも、サリュは粘り強く交渉し、最大限の解決をしていきます。

 

なぜ、サリュは強いのか?
The reason for our strengths

リーガルスタッフシステム
Legal staff system

顧問ドクター
Advisor doctor

元損保弁護士ゆえ
Advantage

最新解決事例
Achievements

フルサポート
Full support

勉強会・研修会
Seminar

生きた解決事例
Case study

依頼者の声
Client's voice

三ツ星コラム
Column

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview