SALUT 弁護士法人サリュ

最新解決事例

事例287:むち打ちによる痛みやしびれについて、異議申立で12級13号を獲得

Pさん(女性・40代)は、横断歩道を歩いていたところ、自動車にひかれました。この交通事故によって、Pさんは首などの怪我をし、通院を余儀なくされました。
Pさんは、交通事故から半年以上通院したものの、症状固定時に、首の痛みや手足のシビレといった症状が残ったため、後遺障害の申請をすることにしました。
1度目の結果は、画像所見が無いことなどを理由に、14級9号の認定。
しかし、サリュでは、顧問医とともにPさんの通院資料を分析した結果、14級9号ではなく、12級13号が妥当な等級だと判断し、12級13号の認定を目指して異議申立てをすることにしました。
異議申立ての結果は、12級13号。異議申立書の内容が認められ、認定を覆すことが出来ました。
一般的に、ムチウチで12級の認定を出すことは難しいと言われていますが、サリュでは、過去の認定結果を分析し、12級の認定を受けるためのノウハウを集積しています。
サリュは、難しい目標でも簡単には諦めず、今までの経験をもとに、実現に向けて頑張ります。

なぜ、サリュは強いのか?
The reason for our strengths

リーガルスタッフシステム
Legal staff system

顧問ドクター
Advisor doctor

元損保弁護士ゆえ
Advantage

最新解決事例
Achievements

フルサポート
Full support

勉強会・研修会
Seminar

生きた解決事例
Case study

依頼者の声
Client's voice

三ツ星コラム
Column

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview