SALUT 弁護士法人サリュ

最新解決事例

事例314:むち打ちの示談交渉、受任2週間で40万円増額!裁判基準満額の慰謝料に。

首(頸) /

2017.12.13

 Oさん(40代男性)は、赤信号停車中に追突事故に遭い、頚部捻挫と診断され、通院を続けていました。交通事故から約5か月弱を過ぎた頃に治療が終了し、相手方保険会社から示談金額の提示を受けました。相手方保険会社から受けた提示の慰謝料をみると、自賠責基準により算定されている金額でした。
 
 Oさんは、自身が加入している自動車保険に弁護士費用特約が付帯されていることに気付き、弁護士に相談して慰謝料が上がるなら依頼しようと思い、サリュに相談しました。
 ご相談の際、サリュはOさんに提示されていた慰謝料の金額が自賠責基準であり、裁判基準に満たないため、慰謝料の金額が上がることを説明し、Oさんにご依頼いただくこととなりました。
 
 Oさんは損害額を算定するための資料を全て持っていたため、サリュは受任した当日に損害額を算定したうえで相手方保険会社へ連絡し、示談交渉を開始しました。そうしたところ、相手方保険会社が裁判基準満額の慰謝料を認め、当初提示されていた金額から約40万円の増額交渉に成功しました。
 その後の手続きを含め、依頼していただいてから示談成立まで2週間のスピード解決でした。
 
 Oさんは、サリュに依頼したことで短期間に適正な慰謝料を獲得することができました。

なぜ、サリュは強いのか?
The reason for our strengths

リーガルスタッフシステム
Legal staff system

顧問ドクター
Advisor doctor

元損保弁護士ゆえ
Advantage

最新解決事例
Achievements

フルサポート
Full support

勉強会・研修会
Seminar

生きた解決事例
Case study

依頼者の声
Client's voice

三ツ星コラム
Column

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview