SALUT 弁護士法人サリュ

最新解決事例

事例282:顔面多発骨折等の事案で、弁護士を入れたことで賠償金が7倍に!

Yさん(67歳・女性)は、買い物からの帰宅途中、信号のない交差点で、右方から来た自転車と衝突し、顔面多発骨折の大怪我を負いました。
加害者の勤務する会社の保険で対応するとの話で、当初はYさんのご主人が窓口となって交渉していました。加害者側は弁護士を入れ、のらりくらりと対応をしてきたため、告訴期間が経過してしまいました。
自転車事故では、自動車事故と異なり、告訴しないと刑事事件になりません。そして、告訴には告訴できる期限があります。このため、Yさんは、加害者に刑事罰を求めることが出来なくなってしまったのです。
また、治療期間中に加害者側の関係者がYさんのお怪我を見に来ることは一度もありませんでした。
Yさんは、告訴期間経過直後に加害者側弁護士から30万の提示を受けました。しかし、納得できず、Yさんのご主人が交渉したところ、60万の提示を受けました。Yさんは、最初の提示額からは倍増しているため、示談しようかと迷いました。
しかし、当初から加害者側の対応に納得していなかったYさんは、提示された金額にも疑問を持ったため、娘様と一緒にサリュに来られました。
サリュは、法律相談の席上、Yさんのお顔に醜状痕を認めたため、まず主治医に後遺障害診断書を作成してもらうこと、その際どのような記載をしてもらわなければならないかについてアドバイスしました。そしてYさんのお顔の醜状痕が、12級相当であることを加害者側に認めさせていくという方針を提案しました。
まず、主治医の先生に後遺障害診断書を作成していただき、顔に醜状障痕が残ってしまっていることを書いていただきました。
同時に、警察に問い合わせをしたところ、加害者の処分は保留状態となっていることがわかりました。警察の配慮もあり、検察庁へ書類が送付され、なんとか刑事記録をとることが出来ました。この刑事記録により、事故状況などが明らかになり、Yさんに過失がないことも明らかになりました。
今回の交通事故は相手が自転車であることから、自賠責保険がありませんでした。しかし、加害者の会社の保険が使えるという特殊なケースでありました。そのため、サリュは加害者側弁護士と交渉し、Yさんのお顔の傷を加害者側弁護士および加害者側保険会社の担当者にみてもらうことになりました。
サリュの事務所で面接を行い、加害者側弁護士および加害者側保険会社の担当者もYさんのお顔の傷が大きいことを認めました。
Yさんのお顔の傷が自賠責保険の後遺障害等級12級相当であることを前提に、賠償金額の交渉を行いました。
その結果、414万円で示談が成立しました。
Yさんは、サリュに頼んで本当に良かった、サリュのおかげで、加害者側の関係者にきちんと顔の傷もみてもらえたうえに、正当な賠償金が得られたと大変満足されていました。弁護士を入れることにより非常に満足できる解決ができたとおっしゃっていました。
相手に弁護士がついて、ご本人ではどうにもならないようなときでも、サリュは粘り強く交渉し、最大限の解決をしていきます。

なぜ、サリュは強いのか?
The reason for our strengths

リーガルスタッフシステム
Legal staff system

顧問ドクター
Advisor doctor

元損保弁護士ゆえ
Advantage

最新解決事例
Achievements

フルサポート
Full support

勉強会・研修会
Seminar

生きた解決事例
Case study

依頼者の声
Client's voice

三ツ星コラム
Column

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview