SALUT 弁護士法人サリュ

最新解決事例

事例106:自賠責10級認定。示談交渉により1000万円増額を認めさせた

Oさん(事故当時51歳・男性・正社員)は、勤め先の社屋の前の路上にて、積荷の業務に従事していたところ、同僚が操作する貨物自動車に真後ろから轢かれてしまいました。

Oさんは、この事故により、左右両大腿骨骨折及び右膝半月板損傷の大怪我を負い、事故から1年1ヵ月以上もの間、治療及びリハビリを余儀なくされました。

 

本件事故の加害者は、Oさんの勤める会社の同僚で、事故担当者となったのもOさんの上司、加えて治療費等は勤め先が加入していた保険会社が支払うことになったため、Oさんは、今後のことも考えると、あまり事を荒げたくないと思っていました。

しかし、保険会社の対応は冷たく、肝心の勤め先も頼りなく、体も思う様に回復していかなかったので、次第に加害者や勤め先に対して怒りがこみ上げてきました。

そんな時、サリュのホームページを知り、無料相談に興味を引き付けられたOさんは、実際にサリュを訪れ、面談形式における説明に深く納得されたため、サリュにご依頼されました(なお、本件事故は、業務上の事故であり労災保険の適用もあったため、これを知ったOさんは、直ちに労災申請を行い、結果的に休業損害に関しては特別支給金をも受け取ることができました。)。

その後、Oさんは併合10級という決して軽くない後遺障害等級が認定されましたが、サリュの丁寧な示談交渉においては、保険会社の初回の提示額から労災にて給付された金額を合わせると1000万円もの上げ幅を勝ち取り、Oさんもご納得なされて和解が成立しました。

安易に訴訟を起こさなくとも、しっかりとした示談交渉にて、自身の納得できる解決策を導き出したサリュの仕事ぶりにOさんからは感謝のお言葉を頂きました。

なぜ、サリュは強いのか?
The reason for our strengths

リーガルスタッフシステム
Legal staff system

顧問ドクター
Advisor doctor

元損保弁護士ゆえ
Advantage

最新解決事例
Achievements

フルサポート
Full support

勉強会・研修会
Seminar

生きた解決事例
Case study

依頼者の声
Client's voice

三ツ星コラム
Column

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview